水様の便をしたときに肛門が痛い(熱い)ときない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに、排便する前から明らかに水様状の便になるって分かる時がある。

そういう時は大抵、腹痛も伴っているし、なんか雰囲気も違う。

で、実際にトイレに行くと、噴射するような水様便が出てくる。
噴射

こういった下痢が特に団体旅行の時になったら最悪。
水様便だから、出す事自体はほぼ問題ない。

だけど、問題は出し終わってからお尻を拭く時
この時に痛みがある時がある。


 
ただ、下痢をし終わってからお尻を拭く時のこの痛みはそう多いわけじゃない。

むしろ水様便は少ないので、極端に少ない割合。

年間で数えてもおそらく数回。月に1回あったら多いほうだと思う。

それくらいの間隔での下痢だから、なぜ肛門が痛くなるのか?なんてあまり気にしなかった。
 

なぜ水様便をしたときに肛門が痛く(熱く)なるのか?

先日この水様便が出て、例のごとく肛門がヒリヒリするような痛みが襲った。

いつもだったら、下痢も、その痛み(熱さ)もすぐに消えて忘れ去られる出来事なわけですが、
今回はその痛みが自室に戻ってからも続いたものだから少し気になり調べてみました。
けつ痛い

すると、下痢での肛門の痛みの原因は「腸液」による刺激のようです。

腸液は通常であれば、排便を促す程度の刺激になっているようですが、
下痢、しかも水様状のものになってくると、下痢と腸液が一緒に出てきてしまうようです。

まあ、私が推測するに、水様便となると通常の便とはかなり出てくる時間が違います。
その時間の違い(速すぎる)に正常な腸液の分泌が出来ずにいるのではないかと。

腸液はアルカリ性で肌を溶かす作用もあるようです。

その腸液が、粘膜である肛門に付着する事により肛門が強い刺激を受けて痛く(熱く)なる。
というのが実際のところのようです。

まあ、水様便をする事はあまりないので、しょっちゅうこういう状態にはなりませんが、
できるだけ味わいたくない痛みではありますね。

ちなみに水様便に限らず、単純に下痢が続いた場合も肛門が痛くなる事があると思います。
そういった場合は肛門が痛いときの対処法を参考にしてみてください。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。