お腹の弱い人は下すのが治っても頻便気味にならない?対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹の弱い人は、下痢の状況が改善されても、結構頻繁に便が出るのでは?

私自身がいわゆる頻便気味だからそう思うだけでしょうか?

私の場合、色々な下痢の改善策、改善方法をやってみて、下痢に対する悩みはかなり少なくなりました

当然ながら全然お腹を下さない状況になったわけではないですが。

なぜ下痢でなくても頻繁に出る頻便になるのか?

お腹の状態が良くなっても、体は早く便を出したいのか、
それともただ単に下しやすかった頃の名残なのか、
便の回数は下痢を頻繁にしていた時と、そう極端には変わっていません。

当然、下してばかりしていた時は、かなりの頻度でトイレへ行っていましたが。

普通の便が多くなってもトイレの回数は極端には減らない。

特に気持ちがそわそわしている時などは、普通の便が出る回数が多い傾向にあります。

これがいわゆる頻便になるのかどうかは分かりませんが。

下痢じゃなくても頻便で困る?

頻便で困る事ってあるのかな?と考えた時に、やはり意図しないタイミングで出したくなったら困るな。

とは思います。

ですが、ただの頻便の場合、当然ながら腹痛は伴いません。

意図しないタイミングで便を出したくなるけれど、腹痛を伴わないのでそれほど焦りを生む事もないです。

ただ、落ち着かない程度でしょうか?

正直、今のところ私自身は頻便である状況にそれほど困った事はありません。

もし頻便で困っている場合対策は?

頻便で困っている場合、対策はあるのか?

これは頻尿対策を少し参考にしてみるといいかもしれません。

頻尿対策として有効なものの一つに、「我慢する時間を少しずつ伸ばす

というやり方があるようです。

私個人の見解ですが、これは頻便に対しても効果があるのでは?

と思います。

というのも、私も頻便で極端に困った事はありませんが、やはり出したくないタイミングはありました。

その時はどうしたかと言えば「我慢する」。

これは下痢を我慢する事に比べれば、正直私にとってはたいしたことはありませんでした。

ただ、ムズムズ感は結構強くて嫌な感じはありましたけどね。

このことから頻便を「我慢する」というのはある程度有効だとは思います。

私は頻便を我慢した時は、便の滞在時間が長くなったせいか、便が結構硬かったのを覚えています。

そういったデメリットもあるかもしれませんが、頻便で困っていたら

我慢する」方法も一つだとは思います。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。