下痢に泡が混じっている時に考えられる4つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢に泡が混じる

この泡が混じるとい現象は、普段あまり下痢をしない人からすると
「なにこの泡?」
とかって思うようです。

しかし、慢性的に下しやすい体だと、
たまに泡が混じる下痢というのはあるんですよね。

だから、私なんかは
「なんか今日は泡すげーな」とか思っちゃう。

でも、実際、便に泡が混じる状態だと
結構きつい下痢だったりするから、
泡がすごいな、とか思っても体はきつい

下痢に泡が混じる原因は?

なんだかよく分からない泡が便に混じってるけど、
これって何が原因なの?何か体に変調が起きている?

と誰もが不安に思いますよね。

まず普段お腹が丈夫な人が下痢に泡が混じっているとしたら、
炎症の可能性が高いかもしれません。

まあ、炎症といっても色々あります。
炎症を起こす原因

  1. 刺激物を食べて炎症
  2. 悪いものを食べて炎症
  3. 精神的な事が原因で炎症

1.刺激物を食べて炎症を起こした結果、泡交じりの下痢になる。

これは、分かりやすい例でいくと、
激辛料理」みたいなものですよね。

辛いものが苦手な人が激辛料理を食べた時に、
内臓が辛さに対応できず炎症を起こしてしまう。

当然ながら、お腹に強い痛み肛門に熱さ痛さ
それを伴なった下痢。プラスして
そんな感じになると思います。

でも、こういった刺激で便に泡がはいっている場合は、
内臓を休めていればすぐに下痢も泡も治まると思います。

2.悪いものを食べて炎症を起こした結果、泡交じりの下痢になる。
これは、単純に食中毒系ですよね。

悪いもの=悪い菌が繁殖しているもの。
こういったものを食べてしまい便に泡が混じる。

この場合、内臓を休めていれば治るときもありますが、
おそらくかなりの苦痛がある下痢になる事が多いでしょう。

その場合、医療機関へ受診したほうが良いと思われます。

3.精神的な事が原因で炎症を起こしている場合、
これは言い換えれば強いストレスが原因ですよね。

同じストレスでも、じわじわとボディブローのように効いてくるストレスの場合、
便に泡が混じるほどの下痢というのはなかなかないと思います。

便に泡が出るほどのストレスというと、
急激に強いストレスがかかる場合、体も対応しきれなくなり
急激な炎症反応として便に泡が混じる事があるようです。

私自身、過去に1~2回程度、強いストレスで
お腹全体が痛くなったことがありました。

その時は、胃・腸のどこが痛い、という感じではなく
本当にお腹全体が痛い。そして下痢で泡が混じっている。

さすがに病院に行こうと思いましたが、
時間が経つにつれて落ち着き、消化の良いものを食べて、
あとは精神的に落ち着くようにして数日で回復したことがあります。

ストレスって本当にすごい威力だと思います。

怒りとか恐怖とか、急激にストレスが高まると
内臓は対応できなくなるっていうのが本当に良くわかります。

私の場合、たまたまその場限りの強いストレスだったため、
早く回復することが出来ましたが、
世の中には強いストレスを継続して受ける状況もあると思います。

そういった場合は、便に泡が混じる事もよくないですが、
まずはストレスを断ち切ることが先決ですよね。

次に、私のようなお腹が弱い人が
下痢に泡が混じってしまう場合。

これは、圧倒的に多いと言われているのが、
過敏性腸症候群の可能性です。

過敏性腸症候群に関してはこの記事でも書いていますが、
なかなか難しい症状です。

ただ、過敏性腸症候群が下痢の泡の原因であれば、
悪い病気(炎症が悪化)という可能性は低くなるので、
ある意味安心感はあるかもしれません。

過敏性腸症候群は精神的な部分が大きいので、
早急な改善は難しいかもしれません。

焦らずにじっくりと治していく事が重要でしょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA