2017年 8月 の投稿一覧

下している時に「気持ち悪い」が伴なう。考えられる5つの原因とは?

下痢の時に気持ち悪くなる。原因は?
それは体質なのか、それとも他に原因があるのか?
 
主に、体質や日常生活から考えられることをいくつかあげています。

原因その1、食物アレルギーや薬物アレルギー

食物アレルギーや、服用中の薬による副作用などが原因となり、下痢とともに、
胃のもたれや、ムカつきのような気持ち悪さを感じることがあります。

食物アレルギーは、特定の食べ物を摂取することによって、下痢や嘔吐など、
消化器に関連した症状が出るという特徴があり、薬の副作用にも、吐き気などが含まれます。

薬によるアレルギーが考えられる場合は、薬の種類を変えたり、
整腸剤をともに摂取することによって、改善されることがあります。

1~2日ほど様子をみても症状が治まらない場合は、医師に相談してみると良いでしょう。

原因その2、生理前や妊娠初期症状

生理前になると、下痢になりやすく、気持ち悪くなってしまうという人も少なくありません。

特に、生理前や生理前半にかけては、子宮の収縮をうながすため、
“プロスタグランジン”という物質が体内で分泌されます。

この物質が増えすぎると、生理痛や腰痛、だるさなどが引き起こされるとともに、
胃腸の働きにも影響が与えられ、下痢や吐き気などの症状を伴うことがあります。

また、妊娠の可能性がある場合、妊娠の初期症状として、眠気や頭痛、
お腹の状態悪化とともに気持ち悪くなる…といった体調の変化がみられることが多いでしょう。

原因その3、低血圧や脳貧血

下すとともに眩暈や冷や汗、吐き気が起こる。という人の多くには、
低血圧や貧血、脳貧血などを持ち合わせている可能性もあります。

しかしこれらは、MRIなどの検査では異常がみられないことがほとんどです。

そのため、原因がわからないという不安から、ストレス性の下痢に繋がり、
慢性化してしまうことがあるともいわれています。

原因その4、緊張や不安などのストレス

緊張や不安など、精神的なストレスによって引き起こされるお腹の不調は、
“胃や腸の働きに自律神経が大きく関わっているためである”と考えられています。

ストレスによって胃の腹圧が強くなることで、食べ物が逆流し、気持ち悪くなる…
あるいは、胃酸過多(いさんかた:胃酸が必要以上に分泌される)により、
ときとして、胸やけや下痢症状が現れます。

原因その5、細菌やウイルス

細菌やウイルスによる下痢や吐き気などの症状は、
大抵、治療により一定の期間で完治します。

よく耳にするものでいえば、ノロウイルスやロタウイルス、インフルエンザなどがあげられ、
下痢や発熱とともに、吐き気などの症状が見受けられるという特徴があります。

そして、細菌性腸炎(食中毒)も吐き気を伴うことで知られており、
O-157やサルモネラ菌、カンピロバクターなどの細菌が引き起こしているものです。

下痢の時に気持ち悪くなったら

下痢と吐き気を伴っているにも関わらず、受診をしても特に病名が告げられなかったり、
細菌やウイルスが関与していない場合は、体質などが原因となっているのではないかと考えられます。

生理前に症状がよく現れる…という場合は産婦人科へ、ストレスかも…と感じた場合は専門の病院へ、
といったように、それぞれの症状に合わせて病院を選ぶことが重要です。

下痢なのに急に便秘になるのはなぜ?

下痢だと思ったら、急に便秘?

下痢や便秘は、健康な人でも起こり得ることです。

しかし、下痢とは全く反対の症状である便秘が、なぜ急に起こるのでしょうか。

下痢の状態から急に便秘になる原因

まず、一時的なものではなく、下痢と便秘を繰り返すといった症状が頻繁に現れる場合、
便通異常が慢性化した、過敏性腸症候群だという可能性があります。

お腹の調子を常に気にかけている状態が続き、心も体も休まりまらず、
ちょっとした症状にも過敏に反応するようになり、
症状がより悪化する…という悪循環をまねいた状態です。

近年、過敏性腸症候群に関する統計データ分析も実地され、
女性群50%以上、男性群40%後半という、やや女性が上回る結果となりましたが、
男女ともに、年々増加傾向にあるようです。

自覚症状を感じて受診する人が増えている…ということになります。

また、低い年齢から症状が見え始めるケースが多いともいわれています。

しかしながら過敏性腸症候群は、明らかに便通異常があり検査をしたにも関わらず、
形状的な異常がみられないという特徴があり、見過ごされてしまうことが多いようです。

次に、下痢の後に起こる急な便秘は、下痢が続いていたために起こる、腸内の水分低下によるもの、
あるいは、腸内環境の悪化が原因となっている場合もあります。

下痢が続くことにより、便を生成する水分が不足し、固い便が作られ、
急な便秘に至る…という説や、健康的な腸内環境を維持するために必要とされる善玉菌が、
過剰に減少することによって、固い便を作り出している、という説があります。

下痢と便秘は真逆の症状ですが、これらの原因には、どれも腸の運動異常や、
腸内環境の変化が関わっています。

下痢からの急な便秘、予防法と治療法は?

この症状には軽重があり、治し方も人によってさまざまです。

例えば、整腸剤や漢方で改善したという人もいれば、心療内科を受診し、
不安を軽減・緩和させることにより、改善がみられたという人もいます。

中には、下痢、便秘共に症状と上手に付き合っていくという方法を選び、実践している人もいるようです。

必要に応じて、医師の元で薬を用いた治療がほどこされることがあります。

内科や消化器科、心療内科の受診を視野にいれ、
医師への相談を方法の1つとして持っておくと良いでしょう。

やはり、一番の予防法は、規則正しい生活を心掛けること、ストレスをできるだけ溜めないことです。

忙しい日々の中、体と心のケアを行うのは容易ではない…とはいえ、
便通異常は、精神的なストレスや生活の乱れが主な原因となっていることが多いため、
専門的な治療においても、それに基づいた治療がすすめられています。

好きな音楽を聴いたり、感動する映画で涙を流したり、散歩をしたり…
少しでも心を軽くする方法が、身近に隠れてはいないでしょうか。

短い時間でも、ときには好きなものに目を向け、肩の力を抜いて楽しむことも必要です。

便が水に浮く?2つの原因と考えるべきこと

便は健康のバロメーターだといわれていることから、
便秘や下痢など、お腹のトラブルで悩んでいる人の多くは、
便の状態にとても敏感になっていると思います。

中には、”水に浮いている”と、
便の小さな変化に気付き、気になっている人もいるようです。

私自身、子供の頃などは気になっていた時期がありました。
何か体に異変が起きているんじゃないかと。

なぜ便が水に浮くのか、また、その状態から体調の良し悪しを把握することはできるのでしょうか。

理想的な便は?

健康的な便は、褐色で一本に繋がったバナナ状
ほど良い硬さで臭いが強すぎず、

水に沈むものが理想的

だという意見が多くみられます。

約70~80%が水分、残りは消化されなかった物で、通常は水に沈むほどの重さになります。

下痢が水に浮く原因

水に浮く便のほとんどは、消化不良などが原因となり、
便に含まれる水分量が約80%を上回った場合にみられる、
軟便や下痢であることが多いようです。

細菌やウイルス感染によって引き起こされる下痢もまた、
消化不良などの”腸トラブル”に関わるものであり、ほぼ水に浮く傾向にあるといわれています。

しかし、中には”水に浮くけど下痢ではない”という人がいます。

これに対し、食物繊維を多く含んだ便、
もしくは、体内の過剰なガスを含んで排泄された便は水に浮く、という説があります。

まず、食物繊維が原因だという説においては、
体内で消化されない食物繊維を摂り過ぎた場合、
便の主な内容物が”軽い食物繊維“となっているため、
水に浮くのではないか…という考えによるものです。

そして、ガスを含んだ便は、ガスによって膨らみ、
“便の密度が減るため軽い便になる”
といったことから、水に浮く便にはガスが含まれている。という理由がうまれています。

水に浮く理由としてはどちらの可能性も考えられます。

水に浮く便から把握できること
これまでをみてみると、”健康状態の良し悪しがわかる”
というよりも、”便の内容物の手がかり“といったものに近いようです。

水に浮く下痢が出たら?
下痢や軟便の場合は、形が崩れ、水に浮くものがほとんどです。

下痢=水に浮くと考えてもあまり問題がないということですね。

下痢が浮いている。と気になったときは、
やはり、お腹の状態を改善することに努めましょう。

※1日に出る便の回数が多い場合や、
下痢の他にも、頭痛や吐き気などの症状がみられたときは、
すみやかに受診することをおすすめします。

また、下痢症状でなくとも、食物繊維を摂り過ぎるなど、
偏った食生活になっていないか、
または、運動不足や冷えにより、ガスが溜まりやすい体になっていないか
といった、食生活やライフスタイルに目を向け、見直すことも大切です。

ほど良い硬さと密度をもった、健康的なお通じライフを目指しましょう。

腹の調子が悪い時はウィダーインゼリー!?その2つのメリット

皆さんは下痢になって辛い経験をしたことがありますか?

お腹の調子が悪くなった時、薬がなかったり、
きつい症状になってしまったのに、日曜日で病院が休みというときがあると思います。

そんなとき、一つの方法としてドラッグストアなどで売られているウィダーインゼリーをお勧めします。

緊急時の下痢のときはウィダーインゼリー

下痢を起こすと腹痛や嘔吐そして食べれないといった症状が主におきると思われます。

症状によっては1日中下痢で苦しむ場合もあります。

何も食べれないし、とにかくすごく辛く最悪な状態に陥ります。

そんなときは、大事を取って食事を食べない方がいいですが、
少し落ち着いてきたらウィダーインゼリーを飲んでみましょう。

特に酷い下痢をしている時は、脱水症状になりやすいです。
しかも、体力も消耗しがちです。

そういった時に、ウィダーインゼリーです。

ウィダーインゼリーはエネルギーと水分を同時に摂取できるゼリーだからです。

またウィダーインゼリーは基本的にさっぱりしている味になってるのが特徴的です。

その為、食欲がない時でも、摂取するのに抵抗が低くなります。

ウィダーインゼリーの効果

ウィダーインゼリーは、食欲がないときによいとのことです。

下痢を起こしているとき、食べたくても食べられない事も少なくありません。

ウィダーインゼリーには、食欲不振の時のエネルギー補給に最適です。

そのため下痢のため食べられなくても、
ウィダーインゼリーならゼリー飲料なのでお腹に入れることがそれほど苦になりません。

ウィダーインゼリーは短時間で摂取が可能であり少しの量でエネルギー補給ができるという利点があります。

そのため小さなお子様からお年寄りの方といった幅広い年齢層にもいいという利点もあります。

下痢になったときの食事

ウィダーインゼリーに加え少し食べれそうとなったときの食事方法を紹介したいと思います。

症状がきつい時は、おかゆや野菜スープといったおなかにあたたかく
優しい食事をを口にするよう心がけてください。
そしてゆっくり食事することです。

ゆっくりがとても大事です。

早く食べてしまうと、お腹を壊している時は特に胃腸が驚いてしまいます。

なので胃腸に急な負担をかけないようにするためにも、ゆっくり味わうことが大切です。

逆に下痢の時に控えた方がいい食べ物としては、
冷たい食品・アルコール・カフェインが入った飲み物です。

理由は刺激が強いからです。
飲み物に限らず食品類でも、刺激が強かったりからいもの等は避けるようにしてください。

まとめ

ウィダーインゼリーが下痢の時の水分、エネルギー補給に良いということを知っているだけで、だいぶ違うと思います。

下痢でずっとつらい症状が続くと体力がおちていきます。
そして精神的にもダメージをうける傾向にあると思われます。
しかしウィダーインゼリーがあれば少しは楽になると知っていることで気持ち的にも多少の余裕ができます。

ウィダーインゼリーはある意味、非常食でもあります。
常に家に数個おいておくように心がければ、いざというとき便利だと思います。
ただし、賞味期限には注意しましょう。

漢方が慢性的な軟便に効果的な4つの理由

漢方が慢性的な下痢に効果があるということはご存知でしょうか。

日頃から下痢をしがちで悩んでいる方もいるでしょう。

なぜ漢方が慢性的な下痢に効果があるのかをご紹介していますので、
お腹が弱く悩んでいる方は一度試してみてください。

慢性的な症状は腸内環境が原因

急性の下痢の場合、食あたりや食べ過ぎなどで胃や腸で消化しきれず、
緩い便となってしまうことが原因ですが、
慢性的な下痢の場合はそもそも腸内の環境が乱れている可能性があります。

つまり、まずは腸内環境を整えることが、慢性的な症状を改善する効果的な方法と言えるでしょう。

薬の効果は一時的

軟便を止める方法として薬の使用もありますが、
皆さんの経験されているとは思いますが、薬の効果は一時的なものです。

慢性的に繰り返す方にとっては根本的な改善にはつながりにくいですよね。

ですが漢方の場合、症状に対して即効性があるわけではありませんが、
ゆっくりと時間をかけて効果を発揮します。

また、薬品を使用しているわけではないため副作用の心配も少なく、
下痢以外にも健康面において効果が期待できます。

体質に合う漢方を選ぶ必要がある

漢方と言っても、いくつか種類があります。

下痢の原因の一つに水分を摂りすぎてしまうこともありますが、
漢方には体内の余分な水分を排出し、調整してくれる漢方もあります。

また、胃腸の働きを活発にすることで消化を助け、
下痢を防いでくれる漢方もあるんです。

つまり、自分の体質あった漢方を選ぶ必要があるということですね。

下痢改善には腸内フローラを整えてくれる漢方がオススメ

漢方には腸内フローラを整えてくれるものもあります。

慢性的な下痢に悩んでいる方はそういった
腸内フローラを整えてくれる漢方を試してみるといいでしょう。

腸内フローラとは?

腸内フローラとは善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスのことを言います。
これらのバランスが乱れてしまうとお腹の調子が悪くなってしまいがちな人も少なくないようです。

漢方薬局に相談してみよう

漢方はドラッグストアなど市販されているものもありますが、
自分の体質にはどんなものが合うのか判断するのが難しいでしょう。

ですので漢方薬局で相談し、自分に合う漢方を使用するのをお勧めします。

まとめ

漢方が慢性的な下痢に効果的な理由は、
漢方は時間をかけて腸内環境を整えてくれるから。

漢方には種類が多く、腸内フローラを整えてくれるもの、
腸内の水分を調整してくれるもの、お腹の冷えを防いでくれるものなど様々あります。

そのため自分に合う漢方を見つけることが慢性的な下痢を改善する近道になる。

風邪が治りかけの時に下痢(きつい)。考えられる2つの原因と対処法

やっと風邪が治りかけたという時に、下痢をしてしまったといった経験はないでしょうか?

風邪の治りかけに下痢をしてしまうということは実際に起こりやすいようです。

風邪の治りかけになぜお腹を壊してしまうのか、
その場合はどう対処すればいいのか?
是非参考にしてみてください。

風邪の治りかけの下痢は悪玉菌のせい?

下痢をしてしまう時というのは、腸内の善玉菌が減少し、
悪玉菌が増殖してしまうことで腸内の環境が乱れてしまっています。

つまり、お腹の状態を改善するには悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌を増やす必要があります。

風邪の時に飲む抗生物質も原因に?

風邪をひいてしまっときに、病院に行くと抗生物質を処方されることがあると思います。
この抗生物質は細菌を殺すためのものです。

ですがこの抗生物質は、風邪の細菌だけでなく腸内の善玉菌も殺してしまうのです。

善玉菌を殺してしまうことで腸内バランスが崩れ、悪玉菌が増殖し、
腸内環境が悪化してしまうことがあります。
よって下痢を引き起こしてしまうんですね。

免疫力の低下による細菌感染

風邪の細菌にも種類があります。
風邪をひいたときの症状として、鼻水が出るだけのときもあれば咳が止まらないときもありますよね。
もちろん胃腸に影響する細菌もあるんです。

つまり、風邪をひいている時というのは免疫力が低下してしまっている状態です。

その状態の時に、胃腸炎など、細菌に感染してしまい下痢をしてしまうこともあります。

風邪の治りかけの下痢の対処法は?

風邪の治りかけで下痢をしてしまった場合、
どのように対処していけばいいのでしょうか。
その対策を確認しておきましょう。

抗生物質の服用を控える?

下痢の原因が抗生物質による場合は抗生物質の服用をやめたほうがいい。
と安易に考えるのはやめましょう
抗生物質は基本的に飲み切るお薬と考えた方がいいです。
あまりにも下痢の症状が酷い場合は改めて医者に相談しましょう。

風邪の治りかけの時は下痢止めはNG?

下痢は確かに辛いものですが、働きとして細菌を体外に排出しようとする役割もあります。
ですので、薬で無理に止めてしまうと細菌が排出されず体内に残ってしまうこともあります。

下痢を強制的に止めずに、まずは風邪を治すということを意識するようにしましょう。

食事は症状が回復してきてから

下痢をしている時は腸内環境が悪化している状態です。
まずは胃腸を休めるようにしましょう。

通常の食事は出来るだけ回復してきてからの方がいいですね。
それまでは、なるべく消化のいい温かいうどんやおかゆが理想的です。

ですが下痢の時は脱水を起こしやすい状態でもあります。
水分補給は怠らないようにしましょう。

スポーツドリンクなどが栄養も水分も摂れるので効果的です。

まとめ

風邪の治りかけの際の下痢は、薬の影響等によるもの、
もしくは免疫力が低下したことによる細菌の感染の可能性があります。

どちらにしても腸内の環境が悪化している状態であることに変わりはありません。

無理に薬で下痢を治そうとするのではなく、
まずは体と胃腸を休めて回復してきたら通常の食事をとるといった形で、
風邪を治すことを優先したほうがいいでしょう。