2015年 5月 の投稿一覧

ビフィズス菌とカゼイ菌のヤクルトBL整腸薬

お腹のトラブルの多くは腸の働きが悪くなることから起こります。

下痢にしても便秘にしてもガスによるお腹の張りにしても、腸の働きを整えてあげると自然によくなるといわれています。

でもただの下痢止め薬では下痢に効果はあっても便秘やガスによる張りは解消されませんし、便秘薬にしても同じです。

腸の働きを整える整腸薬を探しているならヤクルトBL整腸薬を試してみてもいいかもしれません。

ヤクルトBL整腸薬はビフィズス菌とカゼイ菌が腸に届き働きを整えてくれることで、お腹のトラブルを解決してくれるようです。

ビフィズス菌は人の腸内でもっとも多く存在していて、善玉菌の代表的な菌ともいえます。

乳酸以外にも酢酸を作りだし、その酢酸が強い殺菌作用を持っていることで腸内の悪玉菌が増殖できないようにしてくれます。

加齢と共に減少していくビフィズス菌は定期的な摂取が必要になるため、お腹の調子が悪くなりがちな人はヤクルトBL整腸薬でビフィズス菌を補っていくとお腹のトラブルも減るかもしれません。

カゼイ菌は主に小腸で働きます。

乳酸菌は熱や酸に弱いため、生きたまま腸に届く菌は限られていますが、カゼイ菌は一番最初に生きたまま腸に届くことが発見された乳酸菌の一種で整腸剤によく含まれている代表的な菌です。

ビフィズス菌を増やし、悪玉菌の働きを抑え、免疫力の向上にも役立つことがわかっています。

ヤクルトBL整腸薬はほとんど副作用もありませんし、小さな子供でも服用できるため、とても安全に使うことができます。

乳酸菌による整腸作用は即効性はありませんが、時間をかけて腸内環境を整えていき下痢の症状も緩和されていきます。

普段から下している症状に悩まされている人、軟便の傾向にある人はヤクルトBL整腸薬で腸の環境を整えてあげることで症状がよくなるかもしれません。

乳酸菌ではなく酪酸菌のミヤリサン錠

下痢というものは腸の働きに異常があるときに起こります。

症状を抑えるためにまずは腸の働きを正常に戻してあげる必要があるということです。

整腸作用のある下痢止めの薬としてはミヤリサン錠があります。

ミヤリサン錠に含まれている酪酸菌は腸内常在菌の一つです。

乳酸菌は熱や胃酸に弱く、そのほとんどが腸に届く前に死滅してしまい、整腸作用という面では効果が発揮されにくいといわれています。

それに対して酪酸菌は熱にも胃酸にも強く腸まで届き整腸作用を発揮します。

腸内常在菌のため増加しやすく、腸の環境を守るために働いてくれるようです。

悪玉菌の影響でお腹を壊してしまったり、ストレスで下痢に悩まされやすい体質の人は試してみてもいいのではないでしょうか。

ミヤリサン錠は整腸剤という特色から、便秘に対しても効果があるようです。

腸の働きに異常が出て水分が過剰に便に含まれてしまうと下痢になります。

逆に腸の働きが低下して便の水分量が減ってくると便秘になります。

整腸作用のあるミヤリサン錠で腸の働きを戻してあげることで下痢にも便秘も効果が期待できるということです。

ミヤリサン錠には通常のものと、効果の高い強ミヤリサン錠があります。

強ミヤリサン錠は酪酸菌が通常のミヤリサン錠に比べて3倍ほど多く含まれていて、その分効果も高くなるようです。

ただ、強ミヤリサン錠はお腹の張りや便の調子が悪くなるなどの副作用もあるようなので、自分の体質に合わせて使い分けてみるといいでしょう。

5歳以上の子供からなら誰でも使うことができますし、他の薬に比べて副作用が少ないらしいということがミヤリサン錠の魅力です。

指定医薬部外品ということで効き目には個人差が出やすいですが、安全性を第一に考えているという人にとってはいいのではないでしょうか。

普段から腸の調子が悪いと感じている人は試してみては?

緊張しやすいのであれば、下痢止め錠「クニヒロ」

下痢止めの薬はたくさんありますが、人によって効果の出るものと効果の出にくいものがあると思います。

緊張で下痢になりやすいといった人は、下痢止め錠「クニヒロ」を試してみるといいかもしれません。

仕事での会議やプレゼン、学校での試験、面接など精神的に緊張する機会というものはいくつもありますが、そのたびに腹痛になったり下したりしている人に効果的ではないかと思われる薬です。

「クニヒロ」の主な成分はロートエキスです。

ロートエキスの効果は、緊張やストレスで起こる胃腸の痙攣を抑える働きです。

胃腸はストレスによる影響を特に受けやすいため、少しでもストレスがたまると消化不良を起こしやすいです。

便に含まれている水分が腸で吸収されないと、便には水分が残ったままになってしまいます。

水分を含んだ便は軟便化してしまい、すぐに排出されます。

ロートエキスはストレスの影響で過剰になった腸の働きを正常に戻してくれるのでストレス性の症状に対して効果があるといわれています。

この薬のもうひとつの有効成分としてタンニン酸ベルベリンが含まれています。

タンニン酸ベルベリンは荒れた腸を保護して、腸を荒らす原因菌の働きを抑える効果があります。

食べすぎや飲みすぎによる影響はもちろん、ストレスによって腸が傷ついてしまったときにも腸を守ってくれます。

下痢は便に含まれる水分の量が多くなることが原因ですから、腸を保護し水分の量を調節する働きのあるタンニン酸ベルベリンは様々な原因で起こる症状に対して有効に働くと思われます。

中には薬が苦手といった人もいるかもしれません。

「クニヒロ」は口の中で溶かし、飲むことができます。

味はバニラで薬という感覚は比較的少なく飲むことができるようです。

飲んでから効果が現れるまでの時間は10分ほどといわれ、即効性の高さも「クニヒロ」の魅力のようです。

使用する上での注意点としては、15歳未満には使うことができないということがあります。

もしも子供がいる家庭で使っている場合は、小さな子供の手につかない場所に保管することが大事です。

副作用の危険がありますので「クニヒロ」を服用するときには大人でも使用するときの注意点を守るように心がけてください。

ハラトン下痢止め薬チュアブルは注意点も多いぞ?

下痢や急な腹痛のときの為に、すぐに飲んで効果のある薬が欲しいですよね。

ハラトン下痢止め薬チュアブルは水がなくても飲めるタイプですので、仕事中の腹痛や旅先でのお腹を下した時に使えるでしょう。

この薬は特にストレス性の下痢や食あたりに効果があるとされています。

含まれている成分は

  • ロートエキス・・・ストレスが原因の内臓系の痙攣を抑えて胃腸の働きを正常な状態に戻す
  • ウルソデオキシコール酸・・・胆汁の生成を助け、消化不良の原因となりやすい脂肪の消化を助ける
  • タンニン酸ベルベリン・・・細菌などが原因による腸内発酵を抑える

こういった成分が働き、効果を発揮してくれます。

この薬は下痢止めとしての効果を持ちますが、副作用の危険もある薬ですので使用するときにはいくつか注意をしないといけないことがあります。

  1. 目に障害や病気、糖尿病、胆道が詰まっている人、消化器系の潰瘍、血糖降下薬をしようしている人は使わないこと
  2. 皮膚のかゆみ、発疹、頭痛、排尿困難、顔のほてり、異常なまぶしさといった症状は副作用の可能性があるために使用を中止すること
  3. 発熱や血便を伴う下痢、妊娠、薬によるアレルギーを持っている人は使用する前に医師に相談してみること

第2類医薬品の薬で効果の高さがありますが、副作用もありますので、もしも使うときには使用上の注意を守るようにしましょう。

携帯に便利な上、どこでも使うことのできる薬は下痢に悩まされている人にとっては非常に心強い薬になるかもしれません。

正しく使って急な下痢にも対処できるといいですよね。

子供に使える新宇津こども下痢止め

子供には大人用の下痢止め薬を使うことができない場合が多く、
お腹を下しやすい事でで悩んでいる子供に合う薬となるとなかなか見つからないかもしれません。

子供の胃腸はまだまだ発達途中なため、胃腸の不良になりやすく下痢の症状が出やすいといえます。

乳幼児などはお腹を下すと栄養を満足に吸収できないまま便となって体外に排泄されてしまいますのでそういった症状は出来るだけ早く治してあげたいですよね。

1歳以上から8歳未満の子供に服用させる薬としては新宇津こども下痢止めがあります。

この薬には乳酸菌の一種であるラクトミンが含まれています。

子供の胃腸は弱い事が多く、消化不良を起こしやすいため、腸内環境を整えてくれる乳酸菌の助けが必要になります。

新宇津こども下痢止めは善玉菌を増やして消化不良を引き起こす悪玉菌の増殖を防ぎ、正常に消化や吸収が行われるように働きかけてくれます。

この薬はラクトミンの働きだけで症状が緩和されるわけではありません。

この薬にに含まれるタンニン酸ベルベリンは抗菌作用を持っていて、腸の粘膜を刺激や腐敗から守る働きを持っています。

またロートエキスは痙攣による胃腸の異常な働きを抑えて、胃腸の働きを正常な状態に戻すことで症状を改善してくれます。

新宇津こども下痢止めは子供用の薬ですので、もしも何かしら別の症状が出たときには直ぐに医師に相談をしてみましょう。

  • 皮膚の発疹やかゆみ
  • 頭痛
  • 顔のほてりやまぶしさを感じる症状
  • こういった症状は副作用の可能性があります。

このような症状が出てしまった場合は、使用はやめて、医療機関の治療を受けるようにしてください。

食あたり、水あたりにはワカ末錠

夏場のように気温の高くなる季節になると心配になることが食あたりです。

食品が腐りやすくなり、細菌の働きが活発になると、腸の中に入った食べ物から毒素が生まれ腸の中を腐敗させてしまいます。

これが食あたりにつながります。

食あたりによる下痢に対してはワカ末錠がいいようです。
 
ワカ末錠はベルベリン塩化物を主成分として作られています。

ベルベリン塩化物は漢方でよく使われているオウバクから抽出される成分で、腸の蠕動運動を緩めたり、抗菌作用で腸の環境を整える効果があるということです。

特に強い副作用があるというわけでもないため、比較的安全に使うことができるということがワカ末錠の特徴でもあります。
 
ワカ末錠はベルベリンを主成分としていることもあり、ストレス性の下痢などには効果が薄く、仕事や試験中での腹痛ではあまり効果は期待できません。

食あたり、水あたり、消化不良によるお腹の不調といった症状に悩まされているときに服用すると良いでしょう。

抗菌作用のあるベルベリン塩化物ですが、当然ながらどんな細菌に対しても効果があるというわけではありません。

特に出血を伴うような細菌性の症状の場合は状態を悪化させる原因にもなりかねません。

そこまでの症状が出た場合は、当然の事ながら市販の薬で対応する事はないと思いますが。

ちなみにO-157や赤痢菌といった強い毒性を持つ細菌は早めに体外に排出しないといけないため、
下痢止め薬は使わないほうがいいケースがあります。
 
食あたりによる症状に対してはワカ末錠が効果的だと思われますが、
食あたりは状況によっては急激に悪化する場合もあるため素人判断で安易に市販薬を使わないほうが良い場合もあります。

そういった点にも気をつけて使うようにしましょう。

色々な不調に対応できる新ワカ末プラスA錠

急なお腹の痛みや便が柔らかくなる下痢の症状は、いつどこで襲ってくるかわからない怖さがありますよね。

冷たいものを食べ過ぎてお腹が痛くなることはよくありますが、少しのストレスが下痢を引き起こすこともあり、自分では気がつかないうちに腸の働きは変化しています。

薬はたくさんありますが、比較的どんな症状の下痢に対しても効果の高い薬としては新ワカ末プラスA錠があります。
 
新ワカ末プラスA錠が様々な原因の下痢に対して有効な理由として含まれている成分に注目してみましょう。

  1. ベルベリン塩化物水和物
  2. チアミン硝化物
  3. サンザシ末

1.のベルベリン塩化物は、色々な下痢止め薬に使われている成分です。

ベルベリン塩化物の主な効能は抗菌作用で、腸内に入り込んだ細菌の働きを抑えて、食あたりや水あたりによる症状を改善してくれます。

食あたりはどんな食事で起こるかわかりませんし、水あたりに関してはミネラルを多く含んだ硬水を飲むだけでも下しやすくなります。

環境の変化で直ぐにお腹を壊すといった悩みを改善してくれる成分です。
 
2.のチアミン硝化物は体内ではビタミンB1と同じ働きをします。

ビタミンB1は神経の乱れを直し、ストレスなどが原因となっている症状を改善するのに役立ちます。

ビタミンB1の不足は下してしまう原因になりますので新ワカ末プラスA錠でチアミン硝化物を摂取することで過敏性腸症候群による下痢や便秘を改善するのに役立ちます。
 
3.のサンザシ末は生薬として漢方にも使われていて、腸の働きを整えたり、消化を助ける働きがあります。

食べすぎや飲みすぎで荒れてしまった胃腸を整えてくれて、食欲不振の改善に役立ちます。

仕事の付き合いでどうしてもお酒を飲む量が増えてしまい、胃腸の調子が悪いという状態で悩んでいるときに新ワカ末プラスA錠に含まれているサンザシ末が効果的だと思われます。
 
下痢は症状にあわせて薬の特徴を理解して使うということが大事になりますが、新ワカ末プラスA錠はあまり深く原因を考えずとも使いやすいというメリットがあります。

もちろん使う上で副作用や危険性を理解して、正しい使い方を守るということが重要になりますが、
注意点を理解して使うようにすれば新ワカ末プラスA錠は高い効果が期待できるでしょう。