2015年 2月 の投稿一覧

赤玉はら薬について

下痢に悩んでいるときには薬の服用を考えますが、
自分の症状はどんな薬が合っているのか?ということまではあまり深く考えないと思います。

ここでは赤玉はら薬について書いてみたいと思います。
 

赤玉はら薬に含まれている成分の働き

  • ゲンノショウコ・・・下痢予防効果、便秘解消効果、胃腸の働きを整え高める効果
  • ヨウバイヒ・・・利尿作用、殺菌作用、解毒作用
  • オウバク・・・整腸作用、殺菌作用、下痢止め、腹痛を鎮める効果
  • センブリ・・・整腸作用、下痢止め、健胃、消化不良の改善効果
  • ショウキョウ・・・吐き気止め、抗菌作用、消化促進作用
  • クジン・・・健胃、細菌性の下痢止め、潰瘍の抑制効果

赤玉はら薬はこういった生薬が働く事で様々な原因の下痢に効果を発揮するようです。

一時的に腸の働きが低下することで起きているようなら赤玉はら薬を適切な量飲むことで改善するということもできるでしょう。

しかしストレスが原因となる過敏性腸症候群のような症状になっている場合は、赤玉はら薬を服用しても腸の調子が悪い状態のままなときには医師に診察してもらうようにしてください。

また薬ですので副作用が出るということもあります。

赤玉はら薬は成人の場合一度の服用数が20丸と多いため数を間違えてしまいかねず、副作用として肌の痒みや発疹につながることもあります。

使用方法や容量については間違いの無いように気を付けましょう。

長距離バスの車中で下す修羅場

これは体験談です

数年前、南米旅行中にその下痢の事件は起こりました。

エクアドルの長距離バスに乗りこんだとき、私の心は不安でいっぱいでした。

ちょうどこのとき、私のお腹が不穏な動きを見せ始めていたからです

昼間に食べたご飯が合わなかったらしく、夕方からちょっとお腹が怪しいなとは思っていたので、
日本から持ってきた下痢止めの薬を飲みました

が、いっこうに治まる気配がありません。

日本ではいつでもすぐ効く薬なのに、やはり海外での下痢には対応しきれないのでしょうか。

バスが発車して間もなく、事態は思っていたよりも深刻だということに気づきました

腸が、ぐるぐるぴーぴーと不穏な叫びをあげたかと思うと
うッ!
差し込みがきました。

急転直下です。
やばい!

これはかなり、やばい!

かなり焦りました。

日本のバスと違い、エクアドルの長距離バスにはトイレなんてついていませんでした。

おんぼろバスのガタガタした衝撃ひとつひとつが腹痛のお腹を刺激します。

トイレ休憩までの辛抱だ、トイレ休憩までの辛抱だ。

私は自分に言い聞かせました。

それでも脂汗が垂れてきます。

きっと蒼白だったのでしょう。

隣席のエクアドル人が「大丈夫か?」声をかけてくれました。

お腹をこわしているろいうと、彼は
じゃあこれを飲め
と緑色の錠剤をひとつくれました。

少し怖かったのですが、それを飲むと、腹痛の波は少しずつ引いていきました〜

お礼をいうと、
 「エクアドルの下痢にはエクアドルの薬が効く
と彼は笑っていいました。

おかげで私は漏らすことなく無事にトイレ休憩までの数時間をのりきることができました。

特急電車の車内では困ってしまう腹痛症状です。

これは体験談です

兵庫県から京都の短大に毎日通っていた私は毎日朝1の特急電車に乗って通学をしていました

若かったので早起きするのも距離を歩くのもあまり苦にならず
逆に長い電車乗車時間を利用して勉強をしたり音楽を聞いたり小説を読む時間と決めて
効率よく心地よく時間を使っていたのですが、1つだけ半年に1度くらい悩んでしまうことがありました。

その1つが急激な下痢症状でもありました。

1駅1駅停車をしてくれる電車に乗車している時だとトイレに降りてすっきりさせることができたのですが、
特急にひとたび乗ってしまった時にはもうノンストップでもあるので、
急激な腹痛のための症状を感じた時には下痢のおもらしを意識し、よく青ざめていた記憶があります。

3か月~半年に1度の出来事でもあるので朝に下痢のお薬を飲むというような対処方法もなかなかできずに、
急激に症状がくることから本当に悩んでしまった時期がありました。

もういい年齢でもあるので安易に子供のようにおもらしのような失敗はできないために、
おもらししないように歯をくいしばって耐えるしかなく本当に辛い時には下をひたすらむいて耐えていた私自身が懐かしい思い出でもあります。

なので、学生時代は下痢をしないために大好きなおいもなどの繊維質のものをとりすぎないように注意をした食生活を送っていた私でもあるのです。

お腹の調子が戻れば夏が来る

これは体験談です

私は梅雨の時期になると必ず一度おなかを壊します。

急に蒸し暑い日が続くようなり、朝起きて弁当を作りながら氷水を飲み、
午前中の家事が一通り終わったら一息つくためにアイスコーヒーを飲み、
午後の暇な時間にまたアイスコーヒー、仕事から妻が帰ってきて、
ふたりとも風呂が終わって一息ついたらまたアイスーヒー・・・

氷漬けの一日が始まり、おなかは一気に壊れて下痢してしまいます。

 体調の関係で早期退職をしましたが、それまでは小学校の教師をしていました。

小学校の教師は、授業時間中(45分間)は基本的に教室にいるものです。

あまり先生自身が授業中に下痢しているからといって
「ちょっとトイレ行ってくる」

と言って教室を出ていくといった話は聞いたこともなく、児童の前でするとかっこ悪い見本になってしまいそうでした。

だから、おなかを壊して急におなかが痛くなってもなかなか授業が終わるまではトイレに行くことができません。

いつも下痢を止める薬を飲んでから、
どうか途中でおなかが痛くなりませんように

と願いながら教室へ向かっていました。

 汚い話ですが「おならかな?」と思ってすっと力を抜くと、ちょっとおもらししていて下着が少し汚れていたなどという事もありましたし、
「今日はみんなよく頑張ったから、少し早い目に終わろうか?」

と無理やり笑顔をつくりながら、下している事がばれないようにそっと教室を出たこともありました。

「授業中はトイレに行く時間ではない。休み時間に行っておくこと」とは言いますが、
やはり体調の不調と緊急事態は別問題だと、実感しました。

しかし不思議なもので、梅雨も終わり本格的な夏が来るとおなかもすぐには痛くなくなります。

きっと周りの暑さに対して体が冷たい物を求めるようになったのか、
体が冷たい物を飲むことに慣れてきたのかどっちかなのでしょう。

とにかく、私の場合は「冷たい物を飲んでも下痢をしておなかがぐるぐる言わない」
ようになれば「本格的に夏が来た」という事のようです。

下痢を我慢した授業

これは体験談です

朝からその日はお腹の調子が悪かったのを覚えています。

しかし、授業は受けないわけにはいかないので、下痢止めを飲んで学校にでかけたのです。

午前中、1時間め、なんとかしのげました。

本当は、下痢は悪い物がでるのだから、出した方が良い、我慢しない方が良いと聞いたことはあるのです。

だからといって、一度し始めると簡単にはいきません。

経験者ならわかると思いますが、下痢を何度も繰り返し、出切るまでトイレに走り込まなければならないのです。

腹痛のために授業中に何度もお手洗いに行かせてくださいなどと言えるはずもなく、
又、一度行ってずっとする為に座っておくわけにもいきません。

下痢止めがどのように効いてくれるかわかりませんが、何とかもてるところまでもたせたい、そう思って薬を飲みます。

お昼前、最後の授業、ああ、腹痛きました。
でも、あと30分、あと20分、きゅっとしぼって、背筋を伸ばします。

後ろの席の子はどうしたのかと思ったことでしょう。

あと10分、終業の合図のベルです。

先生も終わっているのに、誰も席をたちません。
うそ、どうして、と思いつつ、とうとう私一人、部屋を飛び出ます。

トイレにかけこんで何とか間に合いました。

私はとりあえず、下痢止めで我慢、という方法をとりましたが、お腹を温めるとか、つぼを押すとか、対処法はあるようです。

インスタント麺の食べすぎで激しい腹痛に襲われる。

子供の頃の激しい下痢の話です。

私の子供の頃は、家は貧乏でしたが、インスタント食品はほとんど食べさせてもらえませんでした。
カップラーメン

母親が田舎育ちという事もあったのか、インスタント食品が体に悪いという印象が強かったのか、
インスタント食品を食べるなら菓子パンを食べなさいと言われているくらい、
インスタント食品を口にする事はほとんどありませんでした。

その反動から、子供の頃は無性にインスタント食品が食べたくなることも多かったです。

 ある日、日中から夜9時頃まで親が用事があって外出しなければいけないときがありました。

そういう時は大抵、何か食べるものを作って出かけるのですが、
その日は用事が急に入ってしまい、食べるものを作る時間が無かったようです。

その為、私は親に1000円を渡され、これで夕食を買うように言われました。

当時小学生くらいだったので1000円という額はとても高額で、もらった瞬間何を食べようか考えました。

その時、親からは特に何を買ってはいけないという注意点もなかったので、
何を買って食べるかは完全に私の自由

こんな事は奇跡に近い事でした。
元気

 
親が出かけた後、私の考える事は夜何を買って食べるかのみ。

ただ、小学生が考えられる範囲のことなので、弁当屋でいつもは買えない少し高い弁当を買うとか、
甘いパンばかりを買ってくるとか、食べるものを少なくして、好きなジュースを何種類か買うとか、
そんなことばかり考えていました。

その時はある程度は計算できる頭はあったので、電卓でおおよその金額を想定して
買える物をあれこれ想像していました。

しかし、考えはまとまりません。

ただ、こういう時だから、ちょっと頑張れば買える弁当屋の弁当は除外しました。

夕方になってから、近くの店に行き、店内にあるものをみて決める事にしました。

お店に行き、色々物色していく中で、インスタント麺のコーナーに差し掛かった時、
これでいこう」とその瞬間に決めました。
1000円あったので、インスタント麺が何個も買えます。

とりあえず、定番のカップラーメンと焼きそば、それに大きさの小さいものを3種類ほど買いました。
 
家に帰り、すぐにお湯を沸かし、焼きそば、カップラーメン、その後小さいもの1種類。

小さいものの、残り2種類は胸焼けして食べられませんでした。

普段食べられないものを食べているという意識がとても幸福感を駆り立てました。

食べ終わった後は、強い満足感に浸っていましたが、その満足感も長くは続きませんでした。

1時間程度経ってから、強い腹痛に襲われました。
腹痛13

私は比較的下痢になりやすく、普段から腹痛に悩まされていたので、
腹痛が来た瞬間に「下った」と分かりました。

その為、すぐにトイレに直行。
滝

トイレでは勢いよくだしてすっきりしたのもつかの間。

更に腹痛が・・・

そんな感じの腹痛が何度も続き、トイレとテレビの前を行ったり来たり。

結局、5~6回トイレに行き、出せるだけ出して、もう何も出ないところまで出し切りました。

それから暫くして親が帰ってきて、私の顔色を見て「何があったの?」と。

私は今回は激しい腹痛がありましたが、特に悪い事はしてなかったので素直にインスタント麺を食べて
激しい腹痛があり、何回も出してやつれきった事を伝えました。

親からは「馬鹿だね」の一言。

インスタント麺を大量に食べると悲惨な下痢になる事を学びました。