2014年 11月 の投稿一覧

試験の時に緊張で下してしまってさあ大変

これは体験談です

高校の試験の日に下痢となりました。

頭は試験でいっぱいになっていますが、腹痛で試験に集中する事ができないのです。

頭の中がボーっとしてしまい、問題を上手く解けません。

1時間目にして下痢となってしまい、お腹からキュルキュルという音がします。

隣に座っている人がチラチラとこちらを見て気にしてしまい、顔が凄く熱くなるのを感じました。

それでも受験はやらなければならず、「隣の人に悪いなあ」と思いながら、試験に集中して少しはお腹が鳴らなくなりました。

でも、1時間目の試験が終わった途端に、猛烈な痛みが走ってきました。
もうお腹を押さえながらトイレへと走って行きました。

トイレで踏ん張らなくてもすぐに便が出てきました。

すっきりしましたが、下痢は2度痛みが来ます。

また試験の間に痛みがくるよなと思い、持っていた下痢止めを飲みました。
その薬を飲んだおかげで、少しお腹の痛みから開放されました。

その薬を飲んだら、大分良くなって試験をしっかりと受ける事ができました。

何かあるといけないので、薬を持って行って正解でした。

もし薬が無かったらと思うと、今でもやばかったなあと思います。
大事な試験が失敗したら大変でした。

腹を下しやすい理由が2つある私です。

これは体験談です

時々下痢の症状には悩まされてしまう私には経験上2つの理由があることに気付いています。

その理由の1つは下痢をする前日はヨーグルトを多めに食べてしまった時です。

一度に多めの乳製品をとってしまうと必ずと言っていいほど腹を下す事に翌日悩まされるのです。

3連や4連の小分けのヨーグルトパック程度ならまだ下すほどではないですが、
プレーンヨーグルトを半分程度食べてしまうともうダメなんです。

2つ目の理由は緊張を少しでもすると下してしまうという困った体質でもあります。

このことにより学生時代からよくテスト時に軽い下痢症状に陥ってしまって悩んでしまったりしたことも多々ありました。

テストの当日の朝ご飯を食べた後には必ず下痢止めの薬やお腹にやさしい薬を飲んで過ごすように気をつけていたのを今でも思い出すのです。

どちらも少し緊張感や義務感を感じてしまう時にやはりその症状がひどくなっているようにも感じています。
精神的に弱くなってしまっている時に腸にダメージがきてお腹を壊してしまう体質なのでしょうか。困ったものです。

しかし、この体とも上手に付き合い調節をして暮らしていくしかないので、
大事な予定のある日はお腹を壊さないように、前日には乳製品・特にヨーグルトは食べないようにしてみたり、
必要以上に思い悩み緊張を抱えて下痢をする事がないようにストレッチや運動をしたりして過ごすようにもして気をつけているのです。

慢性的にお腹が不調だと口臭がきつい?考えられる3つの原因とは?

下痢と口臭に関係があるのか?
これはあくまで個人的な考えになりますが、関係は無くはないと思います。

そう考えるには根拠が当然必要ですよね?
口臭

慢性的な下痢をしていると口臭がきつくなりやすい?

慢性的にお腹を下している状態というのは、あまり健康とは言えませんよね。
慢性的な下痢の原因というのは人によって色々あると思いますが、
内臓、特に胃腸のあまり強くない事が原因になっている事も少なくありません。

実際、私自身もそうでしたが、お腹を壊している事が続いていると色々な弊害が出てきます。

その一つに口臭がきつくなるというのもあってもおかしくないでしょう。
というか、私自身も口臭が気になった時期は実際にありました。

その時に口臭について調べましたが、
口臭の原因としては、

  1. 歯磨きをしない、もしくは雑になっている事による口内の細菌の繁殖
  2. 虫歯
  3. 口の中の疾患。
  4. 内臓機能の低下
  5. 舌苔

上記のうち下痢に関連すると思われるものとしては「内臓機能の低下」と「舌苔」になると思います

特にお腹を下しやすい人にとっては胃腸の機能低下がそれに当たります。

たまに胃腸が弱い人は口が臭いといわれる事もあるようですが、実際可能性としてはありえるようです。
 

胃が弱っている場合

まず胃が弱っている場合ですが、 胃と口は食道からつながっているによって塞がれており、
たとえ逆立ちをしたといえ胃の内容物が逆流することはないようです。

そのため、ゲップなどを除いて胃からの臭いが口に上がってきて口臭になることは通常はないです。

しかし、上記した弁の機能が低下すると胃からの臭いが口臭となる可能性があります。
胃

その可能性があるのが逆流性食道炎といった病気などです。
逆流性食道炎は胃液が食道に逆流する病気で、胃液が口まで上がってくると呑酸という症状がでてきます。

この呑酸の症状が出ると胃酸や胃の内容物が発する臭いが口臭として感じられます。
そういう状況で胃が弱っているのであれば尚更口臭が強く感じられるかもしれませんね。
 

腸が弱っている場合

次に腸からの口臭ですが、口と腸は直結していませんよね。

しかし腸で発生するガスにより口臭が発生することがあるようです。

一般的にはイメージしにくい事になりますが、腸で発生したガスのうち、
数%が腸から血液に吸収され肺に送られます。

そのガスが肺での呼吸を介して口から排出されます。
これを呼気性口臭と言うそうです。
 
分かりやすい例を挙げると焼肉や餃子、キムチ、ニンニクなどの臭いが強い食事をした場合、
歯をよく磨いても翌日も口臭がするのを経験した人も多いと思います。

この臭いは口の中に臭いが残っている場合もありますが、
上記した呼気性口臭も含まれている可能性があるようです。
 
慢性的にお腹を下しやすい人は、腸で腐敗臭が発生している可能性も高いです。

そういう意味では下痢をしやすいと呼気性口臭が発生してきつい口臭になってしまう可能性はあります。
 

口臭と舌苔と胃腸の関係

よく舌苔のせいで口臭がきついと言われる事がありますが、舌苔自体は臭いはあまりないようです。
下

しかし、舌苔が多くなるとそこに細菌が入り込みやすく、その細菌から臭いを発していると思われます。

胃腸が弱い人は、白い舌苔が厚くなってくるようです。

舌苔がその状態になれば、当然細菌も繁殖しやすくなり口臭の原因となりやすいかもしれません。
 

慢性的にお腹が弱い人が原因の口臭を減らすには?

慢性的にお腹の弱い事が、きつい口臭の原因となっている可能性が強いのであれば、
出来るだけ下痢をしない状態にする必要があります。

それにはまず、お腹を壊してしまう原因を探り、その対策をしていくしかないですよね。
このサイトがその一助になれば幸いです。

まとめ

慢性的な下痢をしていると口臭がきつくなる可能性がある。
理由としては

  1. 弁の機能が低下していると、胃の臭いが上がってきてしまう可能性がある。
  2. 腸が弱っている場合は、呼気性口臭により腸で発生したガスが口から出てくる可能性がある。
  3. 胃腸が弱い場合、舌苔もできやすく、舌苔に付着した細菌が口臭の原因になっている可能性がある。

お腹が弱い事が口臭の原因であれば、当然それらを改善していくしかない。

車も下痢も止まらない

これは体験談です

朝起きた時から、お腹の中がゴロゴロしていて、下痢かも?まずいという予感はありました。

しかしその日は大切な会議があり、自分が主任という立場から、遅刻するわけにいきませんでした。

会議は御殿場で行われ、私の自宅は静岡の郊外ですから、高速道路を使っての、車での出勤になります。
道の渋滞も考えて、早めに家を出て、新東名に乗りました。

朝の予感通り、乗ってすぐに下痢による強烈な腹痛が襲ってきました。

早速清水のパーキングに入り、トイレに駆け込みます。
やはり、見事に腹を壊していました。

別に普段からお腹が弱いわけではなく、こういった事も久しぶりでしたから、
下痢の原因は分かりませんでしたが、とにかく先に進まなければなりません。

自販機でスポーツドリンクを買って、バックの中を探り、持ってきたはずの薬を出すと、
何ということでしょう、間違えて下痢止めの代わりにカゼ薬を持ってきてしまったのです。

仕方ありませんが、このまま進む事にしました。
そして、やはりまた腹痛です。

沼津のサービスエリアまでは、まだちょっと距離があります。

高速道路上ですから、慎重な運転が必要です。

下痢も止まりませんが、車も止まれません。
おもらししないように肛門に力を入れ、気を紛らわすために大声で歌を歌いながら、運転を続けました。

幸いだったのは渋滞が無かった事で、沼津のサービスエリアに着いた時には、すごく救われた気持ちになりました。

それでも車からトイレに行くまで、気は抜けず、思わず内股歩きになってしまい、
見ていた人がいたら、さぞかし滑稽だったと思います。

結局下痢はこの2回で終わり、会議にも遅刻しないで行くことができました

海苔でお腹壊していると考えられる場合。原因として意識する2つの事

海苔が原因で下痢をする。
海苔を食べる事によってお腹を壊しているな・・・とかってあまり考えないと思います。

海苔を食べるときは、海苔がメインになる事は少なく、
その為、原因が海苔だろうなという考えにたどり着かない場合が多いかもしれません。

しかし、もしかしたらあなたも海苔を食べる事による下しているかもしれませんよ?
太巻き
 

海苔で下痢をする原因。

では海苔で下痢をしていると推測して、その原因はなんでしょう?
海苔でお腹を壊していると思われる場合、原因として考えられるのは、
食物繊維
食物繊維を多く食べる事が原因よる下痢というのは結構ありますが、
海苔=食物繊維が多いとイメージしている人はそれほど多くないのではないでしょうか。

そこで、海苔の食物繊維含有量を調べてみると、
海苔100gに対して食物繊維は36g。

ちなみに成人の食物繊維の摂取目標量というのがありますが、
男性で19g以上、女性で17g以上となっているようです。
 
この数字で見ると、海苔を一日100gとったら成人の必要量を軽くオーバーしますが、

一般的に海苔を一日100g食べる事はほぼ不可能に近いので、そんな極端な事をいうつもりは当然ありません。

例えば、朝食に焼き海苔をご飯に乗せて食べるとしても海苔は数グラム程度でしょう。

海苔は100gで食物繊維が約36gですから、例えば5gの焼き海苔では2グラムにもなりません。
それだけ少量の焼き海苔を食べたくらいでは普通であれば腹を下すレベルではないです。

普通ではそうなります。
しかし、お腹の弱い人にとっては、そういった通常の量とかはあまり関係なくなってしまいます。
海苔

実際、私は海苔を食べる事によって下痢をしやすいので出来るだけ海苔は避けています。

私の海苔を食べる事によって下してしまった実例として、
食事の時におかずが無いため海苔をメインにしてご飯を食べると必ず軟便もしくは下痢をしてしまいます。

その時の食事の構成としては、ごはん、海苔、味噌汁だけです。
この食事内容で下してしまうとう事は通常考えにくいですが、
自分で検証した結果、ほぼ海苔が原因だという事がはっきりしたので、海苔は避けるようになりました。

上記したようにご飯1膳食べる程度であれば海苔は数グラムしか使いません。

その程度の量の海苔で下してしまうということは、海苔の食物繊維に過敏に反応していると推測しています。

もしくは、海苔特有の物質が関係しているかもしれませんね。

こういった例もあるので、海苔を食べた後に緩くなっていると感じたら、自身で検証してみる事をお勧めします。

まとめ

1.海苔の食物繊維が原因で下痢をする可能性はある。しかし、量的に見れば可能性は低い。
2.お腹の弱い人が海苔が原因と考えられる場合、食物繊維に過敏に反応していると推測される。
※もしかしたら海苔特有の物質が関係しているかも?でもそれを特定するのは難しい。

平日の便秘と休日の下痢

これは体験談です。

僕は平日が少々便秘気味で月曜日から金曜日までにお通じがあるのは2回前後。
それでもあまり苦にはならないので、意識的にトイレに座るわけでもなく過ごします。

ですが土曜日辺りになるとお腹が張ってきて、
不快感が強くなってきますが、無理に出そうとしてもなかなかでません。

そして日曜日の朝にはお腹が気になりますが、
大体がどこかへお出掛けしてしまうので、
ゆっくりトイレに励む時間もなく外出先で午後を向かえます。

その時午後を過ぎたくらい3時近くになると腹痛を感じ、便意をもようします。

本来なら自宅のトイレでゆっくり望みたいものですが、
場所にもよりますが、家に帰るまではもたないので帰宅途中でトイレを探します。

その時コンビニなんかだと探しやすくもあるんですが、
大のトイレは入りにくさもあり、
余裕があれば大きめのお店で個室のトイレが目立たないようなところに入ります。

そして便が出るわけですが、ほとんどの場合一回目は普通便。
二回目三回目にガスを含んだ下痢がでます。

状況によってはトイレの場所を変える時もありますし、
下痢でも自宅に辿りつけることもあります。

外出先でトイレに行くことは随分慣れたのですが、
日曜日に起こる腹痛がかなりきつく、
しかもほぼ毎週そのパターンだったりするので始末におえません。

なのでできる限り平日もトイレを意識して、
水分も多く摂取し、野菜も食べるよう心掛けていますが、
ストレスなどの精神的な要素も関係してくるのか、
どうしても休日の夕方に下痢で締めくくることが多いです。

なんですかね?これは。
今のところ、解決策はありません。