2014年 10月 の投稿一覧

食物繊維(男性19g女性17g)も人によっては緩くなる原因に直結

食物繊維。
かなり長く続いている健康ブームの構成員の一つとして注目されていますよね。
野菜スティック

しかし、お腹の弱い人は、食物繊維の取り方によっては、
よりお腹を下しやすい原因になってしまったり、その状況が長引いてしまう原因の一つになりかねません。
ここでは食物繊維の事を考えてみたいと思います。
 

食物繊維とは?

そもそも食物繊維とはなんでしょう?

食物繊維の定義として
人の消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総体
という表現があります。

難消化性成分・・・なんとも分かりにくい表現ですが、
要は、人間が普通に食べていたら消化できないものです。

人間は食べる事によって栄養を体内に取り入れています。
それなのになぜ消化できないものを食べる必要があるのか?
ともなりかねませんよね。

でも食物繊維の働きとしては
排便をスムーズにし、体内の有害物質を排出させます。


この働きが非常に重要なんですよね。

お腹の弱い人は、排便をスムースとかいうフレーズはあまり興味はないかもしれません。

実際、私は、今まで排便がスムースに行かなかったのはバリウムを飲んだ時くらいでしたから。

でも、下痢とはある意味対極的な便秘がちな人にとっては、
食物繊維をとることによって排便がスムースになる事はとても重要な事になります。

特に、女性の場合、便秘がちな人が多いようなので、食物繊維を意識している人は多いですよね。

ただ、お腹が弱い人が食物繊維を考えた時、
意識すべきは、食物繊維を摂る量を、下す事を助長させないレベルでとどめないといけないというところですね。

食物繊維を多く含む食品、料理は美味しいものも多いので、
お腹の弱い人は食物繊維についても、ある程度自分の食べてもいいレベル、
言い換えれば適量を把握して、なるべく食物繊維を食べ過ぎる事による下痢を防ぎたいですね。


ちなみに、食物繊維の一日の目標摂取量というものがありますが、
18歳以上で男性19g、女性17gとなっているそうです。

 

食物繊維の摂り方次第では少量でも原因になってしまうかも

食物繊維は一般的にも摂りすぎると下しやすい原因になる事は知られています。

しかし、お腹の弱い人は、一般的な必要摂取量以下でも
食物繊維を摂る事によってお腹を壊す原因かもしれません。

実際、私自身がそうですが、繊維質の多いものを食べると少量でも下痢をしやすいです。


ただ、食物繊維のようなものは自分で推測して気をつけて食べないと、何が原因かがわかりません。

普通に食事をしているだけなのにどうしてこんなに緩くなるんだろう?
このような場合、もしかしたら、食物繊維が原因になっているかもしれません。

そういった場合は、食物繊維の量を目安にするのはいったん置いておいて、
食物繊維が多いと思われるものを除いた食事をしてみて下痢をしてしまうかどうか確認するのがいいかもしません。
人によって合わないものは過敏に反応して原因になってしまう場合もあるので。

 

まとめ

1.食物繊維は体にとって重要な役割を持っているが、お腹を下す原因になる可能性もある。
2.人によっては食物繊維に過剰に反応してしまい、少量でも原因になってしまう事もあり得る。

もてなしてくれたのに・・・最悪の腹状態

これは体験談です。

ある友達が私の誕生日に焼肉屋へ連れて行ってくれました。

今日はごちそうするから遠慮しないで食べてねと言われ、久々の焼肉に興奮し、たくさん食べてしまいました。

友達がハマグリを焼いてくれて、私の皿に入れてくれました。
私は何も迷わずすぐ口の中に入れましたが、その時なんか変な味がして口から出そうかなと思ったんですが
せっかく友達が焼いてくれたので我慢して飲み込んでしまいました。

今考えるとこれがよくなったんです。

その日の夜、寝ていたら突然お腹が痛くなってトイレに駆け込みました。
すると下痢が10回20回と続き、全然止らないのです。最後の方はほぼ水だけが大量に出てきました。

ベッドに戻ってもまたすぐお腹が痛くなるので、その日はずっとトイレに座ったままで、朝まで過ごしました。

本当に下痢で死ぬかと思って次の日すぐ病院に行きました。

急性胃腸炎ということで、お薬をもらいました。

薬を飲んだらだいぶよくなりましたが、でもすぐには下痢は治りませんでした。
ちょっと何かを飲んだり、食べたりしただけで、お腹が痛くなる始末です。

しかも、この状態がなんと1週間も続いたんです。

その一週間は食パンと白粥しか食べられず日に日に体が衰弱していきました。

他の友達にこのことを話すと、「そこの店は不衛生で有名だよ。ニュースでも報道されてたし」
と言われ、かなりの衝撃を受けました。

今はごちそうしてくれた友達を疑う気持ちもありましたが、
こうなったのは、やっぱり自分が食べてしまったのが悪かったと反省するばかりです。

豚の角煮はお腹が弱い人の弱点の代表格?

豚の角煮。

中華料理で似たようなものがトンポウロウ。
豚の角煮

うまいんですよね、豚の角煮。

だけど、下痢をする事を考えると、原因になるであろうものとして恐ろしくてあまり食べられないのも事実。

もし私が丈夫な内臓の持ち主だったら、多分自宅で豚の角煮を作って食べてます。

それくらい豚の角煮は好きだけれども腹を下す原因になると分かっているためにあまり食べられないものです。
 

豚の角煮で下痢をしてしまう原因。

豚の角煮はお腹の弱い人にとっては腹を下す原因になりやすいものです。

普段食べる事の多い、安い豚ばら肉を大量に食べているようなものですから。
 
豚の角煮はそもそも、脂身が美味しいのが特徴。

そして豚の角煮で腹をくだしてしまう原因はその脂身

もう豚の角煮の場合、お腹の弱い人からすれば、
なぜ下痢をする?とかっていうレベルのものではないですからね。

私は特に食べた後はダイレクトに速攻で下すものの一つになってしまいます。

そこまで原因と分かりきっていても食べたくなってしまうものですよね。
脂身って美味しいですから。
 
私の場合、ラーメンのチャーシュー麺でチャーシューがとろとろしている奴。

あれを2~3枚程度食べたら、食べ終わった後少しすると気持ち悪くなり、
その後には下しているパターンが決まっているレベルなので、
豚の角煮をおかずのメインに持ってくるようなことがあれば
食後暫くしてからは下痢のためにトイレに篭城するような事態になりかねません。
 
まあ、子供の頃はそんなことは分かっていなかったので、
美味しいものをたくさん食べたいという欲求で沢山食べると、
今から想像すれば恐ろしくなうような事態になっているわけです。

本当、知らないって怖いですね。

お腹の弱い人は、豚の角煮を食べる時はメインでは食べない事をお勧めします。
それくらい豚の角煮は下痢の原因と直結していると見た方がいいと思います

プレゼントのディナーでお腹を下す!思い出に差が・・・

これは体験談です

10年ぐらい前の話です。

当時付き合って2か月ぐらい経った彼が、
サプライズで私の誕生日を祝ってくれるといっておしゃれなレストランでご飯を食べた後、
次の日にテーマパークで遊ぶ予定だったので、
そのままなかなか予約がとれないホテルをサプライズで用意していてくれた時のこと。

すっごくおいしいお料理で、私の大好きなシーフードが出てきて雰囲気も最高。

エビがちょっと生っぽかったことには気が付かないくらいでした。

食事が終わり、車で予約してもらっていたホテルに向かっているときに突然の私を襲う下痢の便意と吐き気

だらだらと出る冷や汗に「これはヤバい!あの時のエビだ!」と瞬時に思いました。

彼が「さっきの食事おいしかったよね、お前シーフード好きだからさ調べたんだ」
なんて私に話しかけてきますが、それどころじゃありません。
ていうか、むしろ話しかけないでいただきたい。

しかもよりによってシーフードの話なんて、できれば今はしてほしくないからやめてくれと言いたいところでしたが
折角彼が予約してくれたお店ですし、私にできることは無言で頷くことだけでした。

ここからホテルまでは車で約15分。
この腹痛がなんとかならないかもと頭をよぎるものの、下痢を万一おもらしした場合には惨事です
おもらしなんかしたら、彼の車、私の服、今日と明日の予定、それよりも今後の二人の関係はほぼ確実に終わります

何とかしておもらしだけは避けなければなりません。

助手席でタオルを握りしめて、なるべく外に目をやりつつ他のことを考え、両膝をギュッと固く閉じることに専念しました。

それなのに
「今日のレストランのメニューは限定メニューだったんだ」
「明日は何のアトラクションから乗ろうか?」
など考えたくないことばかり話しかけてくる彼。

いや、彼が悪いわけじゃないのはわかってるんです、本当にごめんなさい!・・・でもマジで黙れ
と思っていた時に「あ、コンビニよる?

とナイスタイミングで声をかけられたのでかぶせ気味に「うん!!!」というと、彼はコンビニに車を泊めてくれました。

もうトイレに行けると思った私は、下痢に対しても少し余裕ができたのかカモフラージュに店内を普通の顔を装いながら物色。
苦しんでいる素振りは全く見せず、なんでもないような顔をして彼に一言告げてトイレに駆け込みました。

あんなに天国に思えたトイレの中は今まで経験がありません。

備え付けられていた消臭スプレーで臭いを徹底消臭。
サラッとした顔で出てくるまで演じきった私。
自分で自分を女優と呼びたい気分でした。

おもらしという最悪の事態を免れ、やっとこさ彼とのデートに集中することができて彼との関係も無事に続けることができ、今は私の主人となりました。

あの時の話は彼も未だに知りません。

今までで一番ステキなデートの思い出ですが、まさか裏でこんなトラブルがあったことを彼は一生知ることはないでしょう

餃子で下痢をしてしまう原因を特定した!(個人的に)

餃子が原因で下痢をしてしまう。
私は餃子がとても好きです。しかし、餃子を食べると下してしてしまう事が多い。

私もそうですが、餃子を食べる事が原因で下痢をしてしまう人は少なからずいるみたいです。
焼き餃子

餃子を食べる時というのは、日本人だと大体餃子をおかずにしている事が多いと思います。
私の場合も、餃子を食べる機会が多いのは、中華料理屋やラーメン屋です。

その為、長い間、お腹を壊してしまう原因が餃子だという認識はありませんでした

しかし、自宅で餃子を食べる場合、餃子以外のおかずを沢山食べる事は少ないです。
というか、餃子がメインになります。
%e9%a4%83%e5%ad%90%ef%bc%92

そういうった場面で、餃子を食べた後に腹を壊す事が多いなと感覚的に思い始め、
それから餃子を食べる時はどんな感じになるのかを意識して食べると、
結果として、餃子を食べた後はある程度の腹痛を伴った下痢をする事が多いことに気づきました。
腹痛11

どんな餃子を食べると腹を壊すのか?

どんな餃子を食べるとそうなるのかは、私の個人的なことになってしまいますが、
餃子であれば大抵はそういう状況になってしまうのが現実です。
大雑把な結論になってしまいますが。

餃子の何が原因になるのか?

どうして餃子が原因になってしてしまうのか?
餃子を食べる事によって下してしまうのであれば、必ず原因があるはずです。

1.餃子の肉汁=脂が原因?

餃子をイメージする時、肉汁がたっぷり出てくる餃子が出てくるのでは?
ただ、私の中では餃子の肉汁というのは、ある程度値段の高い餃子くらいです。

一般的な中華料理屋や、ラーメン屋で肉汁がたっぷり出てくるような餃子に出会う事は少ないでしょう。

正直私も肉汁たっぷりの餃子には滅多にお目にかかりません。
そういった理由から、餃子の肉汁=脂が直接的な原因になっているのは考えにくいです。
%e9%a4%83%e5%ad%90%ef%bc%96

2.大抵の餃子に共通しているものは何か?

上で書いたように私の場合は、ほとんど、どの餃子を食べてもあまり変わりませんでした。
そこで、餃子に使われているものの共通点から餃子が下す原因になる理由を探してみました。
大体、多くの餃子には下のような食材が使われていると思います。

  • 焼くための油
  • ひき肉
  • キャベツ
  • 白菜
  • にら
  • にんにく
  • 生姜

大抵このくらいだと思います。
この中ではたして原因は何なのか?

最初に餃子を焼くための油を挙げました。

店で餃子を食べる時もそうですが、私の場合、餃子は多くの場合焼き餃子を食べます。

で、焼き餃子の場合、店でも自宅でもある程度多目の油を使って焼く事が多くなります。
その事から、餃子を焼くための油も原因の一つではないかと考えました。
%e9%a4%83%e5%ad%9010

次にひき肉ですが、上記したように肉汁がたっぷり出てくるような餃子の方が少ないため除外
キャベツ、白菜、にら等は大量に入っているとは考えにくいこと、
また必ず入っているものでもないため除外。
にんにく・・・味のアクセントとしてほぼ必ず入っているもの。
生姜・・・入っている確率は高いが、生姜のインパクトが強いと感じられるほど入っている餃子はあまりないため除外。

上記の推測を元に、更に餃子で下す原因を探る事にしました。

やり方としては、当然自分で餃子を作ります
%e9%a4%83%e5%ad%90

まず、餃子で下してしまう原因を、餃子を焼く時に使用する油
またほぼ必ず入っているにんにくに限定してみます。
%e3%81%ab%e3%82%93%e3%81%ab%e3%81%8f

まず、簡単なところから、餃子を焼く時の油が原因であるならば焼かなければいい。

やり方としては、餃子を茹でる。

要は水餃子です。
水餃子

結果・・・・・・・下痢をしてしまいました。
この結果から、餃子を焼く時の油は原因ではない
ちなみに3回行っています(3日に分けて)

もう一つの、餃子に入っているにんにくが原因説
これは、にんにくを抜かなければならないので餃子をあんから作るしかありません。

完全な手作り餃子です。

今回はにんにくを使用しないことで味のインパクトが落ちることから
具材はひき肉、キャベツ、にら、生姜としました。
%e9%a4%83%e5%ad%909

結果です。
    
下痢しなかったです。(当然これも3回行っています
しか~~~し、にんにくの入っていない餃子は美味しくない
やはり、にんにくのあのインパクトがあっての餃子だと再確認しました。

まとめ

餃子で下痢をしやすい原因はおそらくにんにく
%e3%81%ab%e3%82%93%e3%81%ab%e3%81%8f2

人によっては違うかも?

ちなみに、にんにくが下痢の原因になるということはこの記事でも書いています。

書いていましたが、正直餃子に入っている程度のにんにくの量で下痢をするとは思っていませんでした。


でも、改めて自分でにんにくの入っている餃子と入っていない餃子を作ったときに、
(にんにく入りの餃子も食べたくて作りました)
餃子って意外ににんにくを沢山使うんだなって実感したのも事実でした。

あれだけ、餃子ににんにくが入っていれば下痢の原因になってしまっても仕方が無いなと思っちゃいました。
餃子にはいっているにんにくは、イメージと現実のギャップが大きい!
でも熱を入れているために、餃子の強烈な臭いはかなり少なくなっているのもまた事実。

体の冷えた時に腹痛は起こりやすい

これは体験談です

私は冷たい飲料や食事などをした後に、下痢を起こりやすい傾向にあります。

味が美味しかった場合、つい飲みすぎたり食べ過ぎたりしてしまいますから、用心していても起こってしまうものです。
特に暑い夏場でしたら、冷たいものを口にしてしまいがちです。

クーラーが効き過ぎていたり、長時間使用していても起こしてしまう虞があります。

定期的に電源を切ったりしていますが、腹痛を起こしてしまった後は、クーラーをつけることもできません
腹痛を起こした際は、まずお腹を冷えないようにします。
ひざ掛けをお腹に掛けるなどの対処をするだけでも、比較的症状はマシになります。

下痢専用の薬で改善する方法でも構いませんが、できるだけ薬には頼りたくないものです。
下痢を起こしているわけですから、副作用を起こしてしまっては話になりません。
腹痛をしている時はまずは、お腹を温めるべきです。
この時、ミルクを飲むのはやめましょう。余計にお腹を壊してしまいます。

その他にも、お腹を下している時は生ものも控えたほうがいいです。
できるだけ火を通したものを口にするようにし、体を改善させます。
アイスクリームなどは、もってのほかですから、温かい麦茶のほうがいいです。

激しい運動なども避け、安静にしていれば、治りは早いです。

会議の時に必ず緩くなり薬を飲みました

これは体験談です

私はとても緊張をするタイプです。

そのため、人前に出ると汗がとめどなく出ることがあったり、言葉がすぐに出ないということがありました。

そして、極めつけは下痢でお腹が痛くなるのです。
そしてそのお腹が痛くなるのは、決まって重要な会議の前に起こしていました。
会議の前の下痢は間違いなくやってくるのです。

もしかしたら、今回は大丈夫かも知れないと思っていても、その直前になると、必ずトイレに行きたくなる感覚になっていました。

そのため、私が対処していた方法としては、会議の前に必ず、内服薬を飲むことにしていました。

それは、市販で販売されているものです。

それを知ったのは、テレビで私と同じような下痢の症状で困っている人が、それを飲むことによって、
最悪の状態を回避することができたというものでした。
そのため、私も早速ためしてみようと思ったのです。

実際に会議の前に飲んで見ると、自然とお腹が普段の感じと変わりなくなることができました。

そのため、その後の会議でお腹を心配することなく切り抜けることができました。

それまでは、途中でトイレに行きたくなったらどうしようと、不安な毎日でしたが、
その薬と出会ってからは、お腹を心配することなく会議に参加出来ているので、とても良い薬であると思っています。

社員旅行の車内、お腹がピンチ!

これは体験談です

私は子どもの頃からお腹が弱く、症状は比較的軽いのですが頻繁に下痢をしていました。

気は強い方なのですが、例えば算数の授業前やテスト中など不安になった時はよく下してしまい、
それに気をとられてその場で集中することが難しかったです。

さてそんな私は大人になってからも、恥ずかしながら時々お腹を下しています。

大人になって頻度は減ったのですが、一番最近ピンチだったのは社員旅行の際です。

皆で神戸に行き、そこで小グループに分かれてレンタカーを借りて遊びに行きました。
車内は私も含めて6人で、そこには私が恋している人もいました。

高速に乗ったのですが、渋滞に巻き込まれてしまい、車がノロノロ運転になりました。
そんな時お腹がゆるくなって、いつものあの状態になってしまったのです・・・。

「トイレに行きたい」ということすら恥ずかしくて言えず、
もちろん高速の渋滞に巻き込まれていたのでトイレなどなく、
みんなが談笑している中、腹痛による全身冷や汗で、どうしよう早く降りたいという気持ちでいっぱいでした。

絶対絶命のピンチというのはこのことです。

とうとう私は我慢できず「トイレに行きたい!」と叫んでいました。

みんなはそれを瞬時に理解してくれて、

車は目的地に向かっていて高速を降りる予定はなかったのですが、
そこからすぐの一般道に下りました。

そしてコンビニでお手洗いを借りることができました。

下痢によるおもらしという最悪の事態は免れましたが、旅の途中でトイレに巻き込んでしまって申し訳なく思いました。

根本的に改善方法としては、水分をとりすぎないとか、気持ちをリラックスするとか
自分なりにやっていかなければなりませんが、
もうこういう下痢の経験は二度としたくないですね。