2014年 9月 の投稿一覧

お腹を壊しているときにガソリンスタンドで渋滞で完全自分論理の対応で助かった

これは体験談です

震災によるガソリンスタンド渋滞が世間で話題になっていた時、まさに私もガソリンスタンド渋滞に巻き込まれていました。

朝6時に並び始めたのですが、既に車が30台程並んでいました。

地方なので車で動かないと行動できないので、仕事の休日を狙って時間に余裕がある日に行きました。
当時は開店するかもわからないスタンドが多かったのですが、確実に開店するとの事で、多少気持ちに余裕を持って行きました。

まだ春先だったのですが、その日は割と温かく、大好きなコーヒーを片手に並んでいました。
並んで2時間が経過した時点で、ある変化が起きました。

冷や汗が止まらず激しい腹痛が私を襲いました。想定外の出来事が起きたのです。

まさに下痢の症状でした。

皆さんご存知の様に下痢の我慢はかなり難しく、葛藤しました。
このまま成人した女がみっともなくおもらしするのか、またはトイレに行きこの行列を一から並び直すべきか。

おもらしの場合、下痢の量、臭いの予想もできませんし、何より絶対に人に知られたくない。
後者の場合、二時間が台無しになり、一から並び直してもガソリンを入れる事ができるという保証がない。

私はこの二つとは全く別の判断を下しました。

よし、我慢できるとこまで我慢しよう、と。
しかしながら非常に危うく、何とか気を紛らわす事は出来ない事かと考えました。
そして私はある方法にたどり着いたのです。

私の下痢の原因は経験上、大体水分の過剰摂取、冷えです。

まず私は車の窓を閉めました。そして、暖房を全開にしたのです。下から水分を出せないのであれば体から水分を出せばいい

汗かきも幸いして次第に腹痛による冷や汗から本当の汗に変化していきました。
そのまま10分もすると、なんと、便意がおさまってきたのです!!

そして私は無事ガソリンを入れ、帰宅するとすぐに排出しました!!

皆さんももしもの時は試してみてください!

因みに私はこの知恵を数年間に渡り人々に伝えてきましたが、皆冷ややかな視線をくださいます。

冷たいものばかりを食べたり飲んだりする事が緩くなる原因になる理由

一般的に冷たいものを食べたり飲んだりしてお腹を冷やすと下痢の原因になりやすいですよね?
でもなぜそうすると下す原因になる理由になるのか存知でしょうか?
あいす

 

食べ物の消化全般には消化酵素が関わっている

1.そもそも消化酵素とは?

人が食べたものは唾液を始めとする各種の消化液で消化されていきます。

その各種消化液での消化には消化酵素が関わってきます。
例えば唾液であればアミラーゼといわれるもの。
胃液であればペプシンといわれるもの。

それらの消化酵素が食べたものを消化していく形となります。
 

2.消化酵素は活発に働ける温度帯がある。

その消化酵素ですが、温度が高すぎると変質してしまい消化酵素の役割を果たさなくなり、
低すぎると活動が低下するようです。

そして、もっとも消化酵素が活動できる温度帯は体温程度と言われています。
 

お腹を冷やす事により、消化酵素の働きが低下し消化不良が原因として起こしやすくなる。

上記2点で分かるように、消化には消化酵素が必要ですが、
その消化酵素が正常に働く事ができる温度帯があるため、
例えば夏に冷たいものばかりを食べたり飲んだりしていると、
消化酵素の働きが低下し消化しにくい状態となって下痢の原因となります。
 

まとめ

  1. 食べ物を消化するには消化酵素が大きく関わってくる。
  2. 消化酵素には活発に働く事ができる温度帯がある。
  3. 消化酵素が働ける温度帯を外れると消化酵素の働きが極端に落ちる。
  4. 冷たいものが体内に多く入ってくる事によって内臓の温度が下がり消化酵素の働きが悪くなる。
  5. 消化酵素の働きが悪くなると消化不良を起こしやすくなり、結果下痢の原因となってしまう。

 
一般的には、単純に冷たいものを食べる=お腹を冷やす。

これがそのまま原因となることが、経験上分かっているので
普段はあまり深く考えないかも知れません。

実際、私自身も子供の頃から親にそう言われ何の疑問も持たずに生活していました。
しかし、下す原因が冷たいものを食べる事によってどのように起こるのか?
因果関係が分かると、改めて冷たいものは控えるべきだなと感じますね。

継続的に緩い原因は体への締め付けから起きているかも?

下痢を起こしてしまう原因はいろいろあると思いますが、
ここでは下痢の原因が体への締め付けから起きている可能性を考えてみたいと思います。
締め付け

 

体への締め付けが原因?

これはどうういうことかと言えば、腹部への圧迫が原因になっているかもしれないという事です。

下着のゴムや服のベルト。

こういったものが腹部を圧迫し、血流や食べ物のスムースな流れを阻害している可能性があります。

その為、日常的にきついゴムの下着を着けていたり、
見た目を気にしてベルトを強めに締めていたりすると下腹部の正常な流れが滞ってしまっているかもしれません。

そうなると当然の事ながら、胃や腸の内臓器官の働きが悪くなります


結果として下痢の原因になる可能性があるという事です。
 
ただ、体への締め付けに関しては、お腹の不調の原因になることはもちろんですが、
正常な流れが滞るという意味では便秘の原因にもなりかねません。

そういった意味では、ゴムやベルトで体を過度に締め付ける事は見た目以外のメリットはほぼないといっていいでしょう。
 
もしも、下痢が慢性的になっていて、その原因が分からない場合、
体への過度な締め付けがないかを気にしてみてください。

もしかしたら、自分では「このくらいは当然」といった締め付けは、
他人から見たら「やりすぎでは」というレベルになっているかもしれませんよ?

テーマパークでお腹が痛くなった事

これは体験談です

テーマパークでアトラクションに並んでいる途中でお腹が痛くなり我慢をして並んでいました。

なぜかというとせっかく並んであともう少しという所だったからです。
このままでていくと順番が次にはまわってこずにまた新たに並びなおさなければいけないのではないかと思ったくらいです。

後少しなら我慢してアトラクションを乗り終えてからトイレに走れば間に合うかなと軽く考えていました。

途中で下痢による腹痛がものすごく痛くなった時がありました。

時々、ガスが出たのか匂いもありましたがなんとかごまかしながらやり過ごしていました。

やばいかもしれないという大きな波が来たり去ったりそれを繰り返して待っている中で自分の順番が回ってきました。

そのアトラクションがジェットコースター系のもので自分の腹痛と同じようなリズムでした。

乗っている最中は腹痛の事ばかり考えていて何も恐怖というものはなかったですが
勢いで下痢をおもらししたらどうしようという事が頭でいっぱいでした。

5分か10分くらいの待ち時間なら走ってトイレに行って来てまた戻ってこればよかったと深く反省しました。
でも時すでに遅くみんなと違う場所で叫ぶ私がいました。

おもらししそうなところを耐える声でした。

乗り終えるとトイレに慌てて走っていき間一髪でセーフでしたが本当におもらししてもおかしくない状態でした。

テレビなどでよく下痢をおもらしする人がいると聞きますが
こうして我慢をした結果やトイレに行けなかったので、おもらししたのだということを実感しました。
せっかく楽しむなら先にトイレを行く事をお勧めします。

ウソだと思いたかった下痢のおもらし

私は下痢気味の男子です。

男子というか中年。完全に中年です。

若い頃からなので、それでもうまく付き合ってきて
下痢をおもらしなんて事もなかったのですが、ここにきてお腹を下す事による事故がいくつも連続して起きています。

特にひどかったのが「二日連続下痢おもらし事件」です。

先日デパートで買い物をしている時におならをしてしまったので
トイレに行ったのですが、その時に実は下痢をおもらししていて
洗ってどうこうなるレベルじゃないパンツをゴミ箱に泣く泣く捨てるという事故がありました。

その後ノーパンで家に帰り、シャワーを浴びて、改めておもらしで失ったパンツのことを想いました。

そして次の日、普通に朝起きて、せんたくものをして、干してせんたくかごを、戻しに歩いてる時におならが出ました。

昨日のことがあったので「まさかな」と思ったのですが
なんだか、おしりがしっとりあったかく感じます。

ウソだろ?

しかしウソではありませんでした。
完全に下痢をおもらししていたのです。
しかもやはり、洗ってどうこうしようというレベルではなくビニール袋に入れてからゴミ箱に入れました。

さすがに二日連続おもらしという事になると
自身の肛門括約筋の働きに疑念が浮かんでも不思議はありません。

さすがにまだ早すぎる。
私は肛門対策をすることを心に誓ったのでした

緊張すると便が緩くなってしまいます。

これは体験談です

私、基本、下痢体質なんです。
小さいころからその傾向はあったのですが、大人になるにつれてどんどん酷くなってきました。

例えば運動会の前の日などは、緊張でちょっと下痢気味になっていました。
でも、小さいときは行事が始まってしまえば、嘘みたいに良くなっていました。
それが大人になるとそうはいかなくなってきたんです。

自分の娘の運動会の時など、自分の時よりもさらに緊張が増します
朝からお腹の調子が悪くなり、何度もトイレに駆け込むことになってしまいます。

会場に入ってからも、何度かトイレに行くことになります。
そして、一度その状態になると、なかなか回復しないのです。
それはやっぱり年齢のせいかもしれません。

そして、最近は人と約束をした時なども、緊張するようになりました。

時間が気になるんです。
何かトラブルがあって待ち合わせの場所に時間通りにたどり着けないんじゃないかと。

それで下痢になってしまいます。
お腹を下すと、電車に乗るもの苦労します。

お腹を気にして停車駅が少ない急行には乗れず、各駅になります。
そして、トイレのために何度か途中下車しても間に合うように、
早め早めに家を出て、電車に乗ることになります。
 
そのために、あまり薬は飲まないようにしていたのですが、
最近は整腸剤を飲むようになりました。

そして、出かける際は下痢止め薬を飲んでおきます。
結構効き目があるので安心です。

下痢のし過ぎで肛門が痛いときの対処法

下痢のし過ぎで肛門が痛い

これってお腹を下しやすい人だとたまにあることだと思います。

私も何度もその状態で肛門が痛くなった事があります。
けつ痛い

しかし、そもそもなぜお腹を下している状態が続くと肛門が痛くなるのか?
 

肛門が痛くなる原因。

1.拭きすぎるから痛くなる

体調や状況によっては一日に何度も拭く事になると思います。

そうすると、いくらやわらかいトイレットペーパーを使っていても
拭く回数を重ねれば重ねるほどお尻が摩擦で痛くなるのは必然ですよね。
(外出時で硬いトイレットペーパーしかない時などは尚更)
 

2.下痢をしすぎる状況だと腸液が出ている可能性が高い

一日に何度もお腹を下している状態だと、排泄物として出る便は回数を追う毎に少なくなります。

そうなってくると、水様に近い便になってきます。

水様に近い便になると、腸液が出やすくなり、腸液が直接肛門を刺激するようになります。

腸液に関してはこの記事でも書いていますが
腸液がでやすくなると、腸液が肛門を直接刺激し、
もっと極端に言えば、粘膜を溶かしてしまう状態になってしまいます。

そうなってくると、よりお尻も痛くなるのだと思います。
では、原因が推測できたところで、対応としては、どうしたらいいのか?
 

肛門が痛いときの対応。

1.ワセリンを塗る。

肛門が痛い時というのは、刺激が強いか、実際に細かい傷ができてしまっている場合だと思います。

そうであれば粘膜を保護すればいいですが、最適なのはワセリンです。
ワセリン

ワセリンをお尻に塗る方法についてはこの記事で書いてありますので参考にしてみてください。
 

2.ウォシュレットの機能を使う。

トイレにウォシュレットの機能があれば使ってみましょう。
ウォシュレット

ウォシュレットであれば、肛門の細かい傷の洗浄、または腸液が出ているのであれば腸液も洗い流してくれます
ウォシュレットを使えば、トイレットペーパーでの摩擦を極力減らす事もできます。

ただし、細かい傷が出来てしまっているときはしみて痛いかもしれません。

難点としてはウォシュレットのトイレは「どこにでもある」わけではないところですね。

しかし、今は携帯ウォシュレットというものがあります。
痔もちの人が愛用している事が多いようです。

 

まとめ

下痢をし過ぎて肛門が痛いときの原因としては

  1. トイレットパーパーによる摩擦
  2. 腸液による刺激

上記のいずれか、または両方が考えられる。
対処法としては

  1. ワセリンを塗って保護する。
  2. ウォシュレットがあれば使用し、肛門を清潔に保つ。

ちなみに私の場合、お腹を壊す原因が分からなかった時には、好きなにんにくを沢山食べてしまい、かなり長い時間、強烈な腹痛に襲われ、かなり辛い状況がありました。

にんにくでの腹痛についてはこの記事を参照してみてください。

人それぞれ、または状況によって強烈にお腹が痛くなる原因は違えど、お尻の痛みは凄まじいものがありますよね。

この記事を読んでいただいて、少しでも肛門の痛みが緩和されれば幸いです。

ノロウィルスのアレを塩素系消毒剤で退治!?

これは体験談です

感染すると激しい痛みを伴い、感染力も強い「ノロウィルス」が2012〜2013年頃だろうか、流行している感じだった。

運悪く最近、自分もそのノロウィルスに感染してしまったのだが、
その時、下痢の痛みをこらえながら頑張って家人に感染しないようにしていた努力を聞いてほしい。
 
ノロウィルスに感染すると、ひどい下痢になるのだが、これがトイレで非常に散らかるのだ。
シャーシャーになっていて、ほとんど水のような水様便。
それを縁にも中にも撒きちってしまう

家人に感染させるのも申し訳ないし、回りまわって、また同じノロウィルスに自分が感染するかもしれない可能性も考え、
とにかくトイレの都度、塩素系消毒剤をドバドバとトイレにかけるということをずっと続けた。

ノロウィルスに感染したことのある人は分かるだろうが、ただ便がシャーシャーなだけでなく、
腹痛が凄い。その状態で、この努力を続けたのだった。

結局、4〜5回くらいだろうか、トイレで便する度に綺麗になるよう、
水で流したあとのトイレにドバドバと塩素系消毒剤をまき散らし続けた。

使用量は結局半端無く多くて、普通サイズ(?)の塩素系消毒剤2本分くらいにもなった。

そのかいあってか、家人にノロウィルスが感染することは回避できた。
もし、ノロウィルスに今後かかるようなことがあったら、皆様も是非どうぞ。

下痢と痔のダブルパンチはきついから対処法として

下痢と痔のダブルパンチ
下痢が多くて、痔になる事は珍しい事ではありません。
特に下痢をしやすい人に多いのは切れ痔です。

けつ痛い

下しやすい人が切れ痔になるパターンとは?

お腹を下しやすい人が陥りやすいパターンとしては、
排便を我慢していて一気に放出した時に圧力に耐えかねて切れてしまう
滝

ずばり、これでしょう。

また別のパターンとして、
普段は柔らかい便が多いが、たまに出た硬い便の時に意表を衝かれ切れてしまう

なんてことも。

お腹を下しやすい人はだいたいこの2つのパターンで肛門が切れてしまう事が多いと思います。
切れ痔は、なにもしなくても排便の際はかなり痛みを伴うものですが、
その状態で、更に軟便や水様の便をすると、相当きつい痛みを伴います。
(実体験からも分かります)

ましてやタイミングが悪く、そういうときに限って水様状の便が続いてしまった時は、
ただでさえ水様状の状況ではこの記事で書いたように、便と一緒に腸液が出やすくなっていて、
肛門に炎症を起こしてしまう可能性もあるため、腸液が切れ痔部分に付いたらと考えると身の毛もよだつ感じになります。
 

下痢をしやすい人が切れ痔になってしまった時の対処法は?

とりあえず肛門が傷ついてしまった後は患部にワセリンを塗る。
ワセリン

このワセリン。
とても使い勝手はいいです。
肛門が傷ついている時に使う事が出来るというのは相当刺激が少ないといえると思います。

実際、ワセリンを肛門に塗ってみると分かると思いますが、
肛門に傷があっても、痛みはほとんど感じません。
皮膚トラブルにも色々と対応できるので、使い勝手はいいですよ。

これは当然の事ながら、ワセリンではなく痔の薬が一番いいでしょう。

だけど、痔の薬って対面販売で買うのにはかなり躊躇するし、
痔を頻繁に起こしているならまだしも、一時的に痔が出来てしまったときに買うのもな~
っていうのが多くの人の感覚だと思います。

 実際私自身は、お腹を下しやすく、そのせいで今まで切れ痔になってしまった事は何度もありますが、

それでも年間で切れ痔になった回数を数えれば多くて2~3回です。

その年間多くて2~3回なってしまう痔も、治るのは数日です。

そんな感じで治るのにそれほど時間がかからない傷のために専用の薬を買おうとはとても思いません。
(本来であれば買った方がいいんですよ!)
 
そんな理由で私が下痢で尚且つ痔になった時に使っているのはワセリン。

ワセリンは肛門がきつくなってしまった時に限らず、肌のトラブルのいろんな場面で使えるので、買って置いて損はないと思います。
 

痔になってしまった時のワセリンを使い方

そのワセリンの使い方って結構悩みどころなんですよね。

ワセリンを塗る場所は当然ながら肛門

普段肛門なんておそらく触るとしても入浴中くらい?

そんな肛門にどうやってワセリンを塗るのか?
指で直接?それとも何かを使って?

と、普段肛門が切れることとは無縁の人は、そういった、ある意味「些細な事」で悩むものですよね?
その些細な事で私自身も結構悩みましたしね。
 
私は手をガードするものが何も無い時はよく洗った手で直接ワセリンを塗ります。

当然ながら塗った後も手をよく洗います。

一番いいのは、使い捨ての薄手のビニール手袋
10枚100円程度で売っている奴です。

それをつけて塗れば、肛門でも躊躇無く塗れます。
手袋

少なくとも私は。
 ちなみにワセリンを塗るタイミングは、入浴後が一番いいと思います。
例えば、切れ痔になって痛い、しかもその後に下痢が・・・

とかってなった場合、とりあえず肛門部分を綺麗にするのが一番です。

入浴後に痔の患部にたっぷりとワセリンを塗る。

当然ながらその後にまた便をしてしまったら、汚れますが、
私の場合はよほど余裕がない限り、そのまま再度ワセリンを塗ります。

というのも、たとえ軟便や水様便がでたとしても、最初に塗ったワセリンで患部はガードされているので、
よほど便が肛門に残っている感覚がない限りワセリンを上から塗ってしまいます。
(当然ながらティッシュでよく拭いた上でですよ?)

当然、排便毎に痔の患部を洗ってワセリンを塗りなおして方がいいのでしょうが、
使ってみれば分かると思いますが、ワセリンはねっとりしているので、洗ったとしても完全に落としきるのは至難の業です。

そんなわけで、便をした後はそのままワセリン塗っちゃってます。

それで今まで痔が悪化した事はないのでおそらく問題はないかと・・・
あくまでも使用に関しては自己責任でお願いします。

デパートで腹に激痛、大ピンチ!!

これは体験談です

私はいつも少しだけ下痢気味です。

でもその方が便通はいいし、便秘にはなったことがないので
これでいい、むしろ万年下痢気味でラッキーだとさえ思って生きてきました。

しかし、先日デパートに行った時のことです。

夏物の服をバーゲンだったのでいろいろ物色して、いくつか買って
ちょっと喫茶店でも行こうかなと思っていた時に
ちょっと下痢と思われる便意を催しました。

その時に軽くおならのようなものが出たので
「いかん、いかん。おならが出るという事はそろそろトイレに行っておかないと」
と思い、トイレに向かいました。
 
しかし、歩いている途中に何だかお尻が濡れているような感覚。

ざわっと心がざわめき立ちます。

もしかしておもらしてしまったのか、さっきので?

トイレに近づくにつれて、その心のざわめきは確信にかわっていくのが分かりました。

案の定個室に入ってパンツを確認すると、完全に下痢便をおもらししています。

おもらしして便がついた以上、これはもう、洗ってどうこうできる事態ではないと判断した私は
すまん、パンツ君!」と言いながら、ゴミ箱にパンツを捨てました。

そして、おしりを時間をかけてきれいにし、ズボンにうっすら着いたおもらしもなんとかきれいにして、ノーパンで外に出ました。

「なんだか心持ちさみしい気分」
ノーパンで歩く、デパートはちょっぴり切ない感じでした