2014年 8月 の投稿一覧

香辛料(特に辛いもの)が腹痛の原因?

下痢をしてしまう原因の一つに香辛料があると思います。

私自身も香辛料に対してはあまり強くなく、香辛料のちょっとした刺激がお腹を壊す原因になってしまう多かったです。
香辛料

私の緩くなる原因となりやすい香辛料は、

  • 鷹の爪
  • 七味唐辛子
  • にんにく
  • ラー油
  • マスタード
  • からし
  • タバスコ

上記したものは香辛料と言っても基本的に辛いものばかりですね。

香辛料でも香りを楽しむ類のものは、私にとっては腹痛とはあまり関係ないようです。
 
辛い類の香辛料はどれも、食事のアクセントに使用すると美味しくなるものだと思います。

しかし、辛いものは内臓を刺激し、緩くなる原因にもなりやすいのだと思います。

しかし、辛い香辛料を全く使わなければ原因にならないのか?と言えばそうではないので
同じ原因になるのであれば、香辛料を使って美味しく食べたいと思うと思います。

ただ、辛いものというのはだんだん慣れも出てきてしまうので、
辛いもの好きの人は気づいた頃には、常識的な量の何倍も使用しているなんて事もあります。

それが緩くなる原因になっているとすれば、それは香辛料を減らすか、他のアクセントを探したほうがいいかもしれません。
 
また、香辛料を食べることが原因で下してしまう事で厄介なのは、下したときに肛門も痛くなる可能性が高い事です。

特に上記した辛い類のものをある程度食べると、大体の人は下痢と同時に肛門も痛くなる
けつ痛い

私も少なからず体験した事がありますが、香辛料が下す原因となった場合、肛門の痛みは結構きついです。

単純に水下痢が続いた時も肛門の痛みが出る時がありますが
香辛料を食べた時の肛門の痛みは排便の後もかなり続く痛みです。

あの痛みはおそらく肛門の粘膜に香辛料の辛味成分が付着して起こる痛みだと思いますが、
特に肛門になどで傷があるようなときは出来るだけ避けなければとんでもない事になると思います。

今まで味わった事のない痛みを体験すると思いますので、
痔などがある場合は、辛いものは避けたほうがいいでしょう。

初勤務の通勤時に下している・・・

これは体験談です

通勤時に下痢で困った事がありました。

その日は、転職をして初勤務をする事に決まった日でした。

ただ、わたしの欠点は昔から、緊張をすると下痢気味になってしまう事です。
学生時代も受験などの大事な時期に、それでかなり苦しめられてきました。

ただ、歳を重ねる毎に精神的に強くなってきたのか、あまり重大な場面でもそういう形になる事は減ってきていたんです。
ですので、転職先の職場へ初出勤もそういった事を気にすることなく問題なく行けると思っていました。

ただ、表層意識が思う以上に身体は緊張に耐えられていなかったのか、
会社へ向かう電車に乗車している時、お腹がごろごろし始めました。

こうなるともう大変です。一定間隔でお腹が痛くなり、同時に下痢をおもらししそうになってしまいます。
しばらくは耐えていたのですが、とうとう我慢の限界を越えてしまったので、駅のトイレに駆け込みました。

幸いにも一つだけ、トイレが空いていたので、おもらしによる惨事には至らなかったです。
初出勤日が下痢をおもらしてしまった日になるのは、なんとか回避出来ました。

上記の出来事で対策をしなければならないと考えて、その日を境にわたしはストッパという市販の薬を持つ事にしました。
ストッパは水なしで飲めて急な下痢対策にはもってこいの商品のようです。

もう、通勤時にあのような苦しみをしたくはないですね。

あの悲惨な体験から団体旅行はしていない

※これは体験談です
昔からお腹は壊しやすい方では無かった。
ただ1回、下痢で本当に冷や汗?油汗?本気でどうにもならない時があった。

高校2年の時の修学旅行。

博多まで新幹線で行き、博多からはバスでの移動になった。

確か1週間程度の日程だったと思う。
ƒoƒXƒnƒCƒN

親しい友人の家に泊まることも、気を使うから出来なかった私。
どんなに仲良しでも無理だった。

そんな私が1週間の日程の修学旅行

楽しみにはしていたけれど、ちょっと怖かった。
そう、怖かったのは便秘。案の定、2日目の朝から全くダメ。

それでも団体行動だ。バスに乗って、あちこち回って何時までにバスに戻ると言う日程が続いていた。

そして5日目位になったときのこと。

行き先の九州には台風が接近、大雨の中での移動だった。

どうにも・・・差し込むような下痢の痛みが襲う。
腹痛14

最初はその痛みを我慢していたけれど、トイレに行けないと思うと、やたらにお腹の痛みは強くなる。

そんな時、ふと小学生の時のクラスメートを思い出した

授業中に下痢を我慢していたのだろう、急に異様なにおいが教室を漂い出し
クラス全員で大騒ぎになった。

頭のいい子だったが、それから卒業までそれをネタにその子はからかわれた。

あんな風になりたくない!

友人に相談し、先生に言ってもらい、先生からバスの運転手さんへ。。。

私の乗ったバスだけが、土産物屋か何かのドライブインへ大雨の中、立ち寄ることになった。

走ってトイレに行く私をクラスメート全員がバスの窓から見送ってくれた。

ああ、嫌だ。いくら女子高だって恥ずかしい。

みんなが待っていると思うと、便秘だったせいもあってお腹は痛いのに全く中々出てこない。

ようやくトイレで下痢を出しお腹が落ち着いたときは、もう汗だく。

バスに戻るのも恥ずかしく、しばらくは下痢の腹痛の「二度目」が来ないか心配だった。

焼きそばが下痢の原因となってしまう3つの理由とは

焼きそばを食べると下痢をしやすいというのをたまに聞きます。

実は意外と焼きそばが原因となってしまう事は多いようです。
やきそば

これは祭りなどの出店で出る焼きそばではなく家庭で作る焼きそばが原因となる事が多いです。

出店などで買った焼きそばが下痢の原因になってしまうのは、おそらく衛生的なものが大きいと思いますが、
家庭で作る焼きそばは衛生的に悪いとは考えにくいですよね。
 

焼きそばでお腹を壊しやすい原因の一つは「油」

そもそも一般に売られている焼きそばの麺は油がたっぷり塗ってあります

焼きそばを作ったことのある人であれば分かると思いますが、
下手をすると一食の個別包装になっている内袋にも油が付着している事も少なくありません。

その油は麺を製造する過程で付着したと推測できます。
 

1.なぜ焼きそばの麺は油が塗ってあるのか?

焼きそばに油が塗ってある理由は簡単に作るためだと思います。

一般に売られている焼きそばの作り方を見れば理解できると思いますが、
麺はフライパンの中で少量の水でほぐすように書かれています。

少量の水でほぐれるレベルなんです
油を塗っていなければ麺同士がくっついてしまって少量の水ではほぐれませんよね。
 

2.焼きそばでお腹を壊してしまう原因は麺の油だけではない。

焼きそばには当然ながら野菜を炒めるにも油が必要です
野菜炒め

人によってやり方は違うと思いますが、
場合によっては結構な量の油を使う事もあると思います。

 

焼きそばに使用する肉にも少し問題あり?

やきそばの具には、肉が入っていなければ物足りないですよね。

その肉も人にもよるとは思いますが、焼きそばを作るのであれば
安い肉を使う事が多いと思います。
その安い肉の脂身でうまみを出している面も否めません。
当然の事ですが、脂身は脂ですからね。
 

焼きそばで下痢をしてしまう原因をまとめると

  1. 焼きそばの麺自体に油が塗ってある。
  2. 野菜や肉を炒める時にも油を使う。
  3. 焼きそばに使う肉は多くの場合、脂身の多い安い肉。

 
以上の3点から、要は焼きそばは油脂を多く使用しているので消化不良が原因でなりやすい
となるわけです。

蛇足ですが、特に男の場合、子供でも大人でも焼きそばは量を多く食べる人が多いのでは?
油脂を多く使用している焼きそばを沢山食べれば、なおさら下痢の原因になりやすくなるのではないでしょうか?

緊張による腹の不調の緩和について

これは体験談です
私はあがり症で緊張するとよくおなかを壊してしまいます。

誰か知らない人と話をしたり、どこかに出かける時や人ごみ、何か不安なことがあると同様です。

よく手に人という字を書いて飲むと緊張しないとか言いますが、あれは私には効果ないです。
一度もそれで緊張しなかったことがありません。

そんなのよりも事前に薬を飲んでおくほうが下痢にははるかに効きます。
私は普段からおなかの調子を少しでもよくするために漢方を飲んでいます。
ずっと飲み続けていると体の調子がいい気がします。

あとはどうしても痛さから抜けられない時は、目を閉じてじっとしていると少しマシになります。

私の場合、目で見る情報に左右されやすいようなので、見えなければ多少は違ってくるのです。
人がたくさんいて緊張するなら、なるべく人が少ない方向を見るようにします。
知らない人に会わなければいけない時は、あまりその人のことを考えず顔より少し下を見るようにしています。

それだけでも何もしないよりは私の腹痛に対しては全然いいです。
全く痛くならないわけではないですが、これをやり始めてから油汗をかくことも少なくなりました。
下痢でもトイレに行けない機会の時の方が多いと思うので、是非実践してみてほしいです。

バリウムが原因だと思われる下痢に襲われる

健康診断でバリウム飲んだ事ありますか?

バリウムは正直うまいものではないし、バリウムを飲む前に飲む発砲する粉もいただけません。
ただ、胃の状態を確認するためには、バリウムを飲むか胃カメラを飲むかですよね。

そのバリウム。状況によっては凄まじい下痢に襲われる事もあります。バリウム

私はバリウムを飲んでの検査を何回かやった事がありますが、
今までバリウムを飲んだ事によって下した事はありませんでした。

基本的にバリウムは排泄されにくいもののようで、
バリウムでの検査を受けた事のある人なら分かると思いますが、
バリウムを飲んだ後は下剤を渡され、何時間以上排便が無かった場合は飲んでください。
と言われます。当然今回もそんな感じで下剤を渡されました。検査

今まではバリウム検査を受けた後はほとんどの場合、一日中気持ちが悪い事が多かったです。

私はお腹が弱い体なので、便が出にくい状況というのはあまり体験していません。

それがバリウムの影響で長い時間便が出にくい状況が続くため、気持ち悪くなったのだと思います。
ただ、大抵の場合、6~10時間程度すれば、バリウムの色をした便が出てあらかたすっきりします。

しかし、今回の場合、健康診断を受ける前は体調はすこぶる良かった。


にも関わらず、バリウムを飲んだ1時間後くらいから、なんとも言いがたい排便感がありました。

すぐにトイレに行くと水様便。
その時は、気持ちとしては半分安心、半分焦りがありました。

安心したのは下痢とはいえ、すぐに出てくれたので今までのような長い時間の苦しみが無くなる。
と思ったからです。

焦りの面は、ほぼ水様便だったこと。ある意味しんどいですよね。
しかし、状況はこれでは終わりませんでした。

私の安心の気持ちはすぐに崩れ去りました
それは水様状どころか、完全に水の状態が続いたためです。滝

バリウム色の白い水下痢の連続です。
その日は午後だけで5回ほどトイレに行き全て水の状態のが出てしまいました。
脱水予防のために結構な量のスポーツドリンクを飲む事も余儀なくされました。

そんなんが続いてお尻も痛いし。
ただ不思議な事に水様便に伴なう腹痛は全くありませんでした。

その日の夜はなぜかよく眠れましたが、起きてからがまたきつかった。

水の状態の便は改善され、固形の便も出始めましたがまだ便は白い。

下痢続きのため肛門も痛くなっていて、排便する事自体が苦痛になってきます。
そんな状態が何度か続き検査から30時間経ってようやく元の状態に戻りました。

すぐに出ても下痢の地獄出にくければ気持ちの悪い状況が続く
正直バリウム検査はもう受けたくないですね。
今後は胃カメラを検討する必要がありそうです。

下していると思える便意を感じた時に防ぐコツ

私は物心がついた時から下痢でお腹がゆるくなりやすい体質になってしまい、
冷たい牛乳を飲んだり、クーラーで身体を冷やしてしまうと下してしまいます。

中でも困ったのが、会議中に下痢の便意をもよおした時です。

その日は朝に冷たい牛乳を飲み、出勤時間に間に合わせようと慌てて朝食を摂りました。

会社に着いてデスクで仕事をしている時からお腹がゴロゴロと鳴っていたのは気付いていたのですが、そのまま仕事を続けていました。

そして会議の時間になり、重要な会議の最中に急にきつい便意をもよおしたのです。
途中で会議を抜けるわけにも行かず、いつもの経験からそれが下痢である事が分かりつつ、グッと堪えて我慢しました。

同じ様におなかの弱い方にアドバイスをするとしたら、便意をもよおした時は意識をしない方が便意が収まる可能性があるので、
他の事を考えた方がいいという事です。

かと言って肛門はしっかりと閉める意識を持ったままでいないと出てきてしまうので、
そこだけは気をつけつつ、意識は腹痛以外の事に向けるのがポイントです。

私の場合は仕事の事を考えて便意を意識しないようにしました。

人間の頭は不思議で、痛みを感じた時に他の事を考えていると痛みが薄れます。

私はそれと同じ事だと思っています。
下痢の便意を感じた時には他の事を意識する事で強く感じていた便意もなくなってきます。

私は会議が終わった後にすぐトイレに駆け込みました。
予想通り見事に下痢でしたが、失態をせずに済んだのでこれからも同じ様に気をつけて行きたいと思っています。

気が緩んでお尻も緩みアウト!

これは体験談です

年のせいかのかここ数年で胃腸が弱くなり、突然の下痢に襲われることがしばしあります。

家にいる時はトイレに駆け込めるので問題ないのですが、困ってしまうのが外出中で不意打ちです。

先日も、姉を車で送っていった時にお腹の調子が悪くなり、下痢になるかも!?という不安に襲われました。

これはマズイと思い、とにかく急ぎで姉の家を目指したのですが、
家に着いた頃にはお腹の痛みは治まってしまったので、トイレを借りることなく帰路につきました。

しかし待っていたのは下痢地獄でした。行きと違って帰りは道路が渋滞しなかなか進まない中また腹痛に襲われました。

最初は我慢できる範囲の痛みが徐々にひどくなってきて、とうとうトイレに行かなくてはというレベルに達してきました。

近くにコンビニやガソリンスタンドもあったのでトイレに行くことができたのに、
駆け込みトイレになってしまうので恥ずかしさから立ち寄ることがどうしてもできませんでした。

あとは腹痛とおもらしとの戦いです。とにかく忍耐でお尻を引き締めておもらししないようにひたすら我慢し続けました。

正直、車を運転しながらのこのおもらし寸前の状況はかなりキツかったです。

万が一、おもらししてしまったら車のシートが臭くなる!と危惧しました。

その後、我慢に我慢を重ねた結果とうとう我が家に辿り着き、
やっとトイレに入れることに一安心でした。

しかし、ホッとしたのがいけなかったのか、気が緩んで同時にお尻も緩んでしまいました。

あと数歩でトイレという所で間に合わず下痢をおもらしです。

子供ならまだしもこの年になってのおもらし、しかもトイレまで数歩という距離だったのでショックでした。
下痢をおもらしなんて経験は二度としたくありません。

商談中に下して最悪の事態

これは体験談です

昔から大事な行事や仕事があるときに限ってお腹を壊してしまう事が多いんです。

つい一ヶ月くらい前も、朝から下痢気味で、嫌な予感がしながら商談に望んでました。

その日はお客さんの家に行ってテレビの買い替えの商談をしてました。

商談中予想通り、お腹が猛烈に痛くなり、自宅ならすぐにでもトイレに駆け込むところですが
さすがにお客さんの家で用を済ませるためにトイレを借りるのは気が引けて、気合で我慢をしてました。

ある程度なら、気合だけで何とかなるものなんです。
一旦腹痛は収まり、笑顔で商談に集中していたんですが
テレビの説明をしているときにまたしても腹痛が襲ってきました。
しかも今回の痛みはかなりのビッグウェーブ気合ではどうにもならない予感です。

車の運転中とかなら、少しおならを出すと楽になることがあるんですよね。

でもここはお客様宅でしかも若い女性の家、こんなところでおならなんか絶対に出せません。

おならだけならまだしも、もしおしりから暴発でもしようものならもう商談どころではなくなります。

商談は確実に不成立になるでしょうし、一生下痢おもらし店員の十字架を背負って生きていかなければいけなくなるかもしれない、

そう思った私はさらに気合を入れ、脂汗をかきながらなんとか商談を終えました。

しかしここで更なるアクシデント発生、我慢しすぎて立ち上がると下痢をおもらししてしまいそうなんです。

頭の中ではおもらししちゃだめだ、おもらしちゃだめだとゆう言葉ばかりが回り、
ここは一か八だと思った私は立ち上がったときに書類を持っていた左手をそのまま後ろに回し、
お尻の穴をぎゅっと押さえてお客さんの家を素早く後にしました。

車まで早足で行き青い顔をしながら近くのコンビニに直行、凄い形相でトイレに駆け込みました。

間一髪セーフでしたね、
あと1分遅かったら車の中で確実におもらししてました。

それ以来、商談がある時にはまずトイレに行きその後商談をするようになりましたね。

下痢でお腹が痛い場合は嘘でもいいから理由をつけて商談の時間をずらすようにもなりました。
お客さんにはいい迷惑ですけどね。

キャベツが腹の緩さの原因になっているかも?

以前の記事で私にとってはキャベツが下痢改善に効果があった
と書きましたが、逆にキャベツを食べる事によって原因となってしまう。
ということについて書いてみたいと思います。
キャベツ

 
キャベツがお腹を壊す原因となる。

実際、私自身がそんな感じでした。

まあ、キャベツに限った話ではないですが、生野菜を食べる事が下痢の原因になる事はよくありました。

そういうことが結構あったので、自己防衛のために、あまりサラダなどは食べていませんでした。
 
子供の頃からサラダが美味しいと思って沢山の量を食べた時に水様便が続きましたが
自分で考えられるようになってから原因がサラダではないのか
と思うまでは、原因の追究などはしようとも思っていなかったので
単純に下痢が続いてしんどいな・・・くらいにしか考えていなかったと思います。
腹痛3

 
特にキャベツの場合、大抵の料理に合いますから食べる事も多いと思います。

それに味もそのまま食べてもいいし、塩でもドレッシングでもマヨネーズでも
とにかくキャベツは食べ方のバリエーションが豊富なので
そのキャベツがお腹の緩さの原因と特定できるまではかなりの時間と経験が必要じゃないかと思います。
 
その為、キャベツが本当に原因となっているのか?
そこはある程度、試してみたほうがいいかもしれません。

というのも、キャベツは食べ方がいろいろあり、それは生で食べるだけでなく
焼いても、煮ても美味しく食べられます。

また、味付けに関しても種類が豊富なので、キャベツを特定して原因と特定するのはある意味大変です。
まあ、自分のキャベツの食べ方が特定の食べ方しかしていないなら別ですが。

特にキャベツとお腹の不調を関連付ける時に気をつけたいのが調味料です。

上にも書きましたが、キャベツは色々な調味料と合います。
その為、かける調味料によっては、調味料自体が原因となっている可能性もあります。

例えばドレッシング
ドレッシングはノンオイルタイプもありますが、いまだに多いのはオイルの入っているもの。

オイルとは当然ながらですから、もしかしたらキャベツではなく油で下痢をしているかもしれません。

また、サラダでは人気の高いマヨネーズ

マヨネーズは多くの油脂が入っています
そのマヨネーズをキャベツに沢山かけてお腹が緩くなってしまっていたら
それはマヨネーズが原因となっているのかもしれません。
調味料

その為、キャベツを食べると緩くなるんだよな・・・
と思っていたら、そもそもキャベツ自体でそうなっているのか、その他の原因があるのかそれをまず考える必要があると思います。
 
最後にキャベツ自体で下痢をする原因を挙げてみたいと思います。

キャベツはその9割以上が水分で構成されています。
その為、キャベツの量を多く摂れば取るほど水分も増えるということです。

また、キャベツは食物繊維も多いです。
食物繊維は腸を刺激する事も知られています。

これらの事を踏まえると、水分や食物繊維が多ければ、
キャベツを多く摂取した場合、他の食べ物との取り合わせ次第では
下痢の原因になる可能性は高くなってくると思います。